ビジョンをハッキリさせよう

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「ビジョンをハッキリさせよう」
です。

チームの考え方や、目標はしっかりと提示しなければいけません。

この部分を出すことにおいて集まってくる選手も変わってくるのではないかと思います。
チームのビジョン考えてみてください

前に講演会の参加者アンケートに「やりたい子ども集まってくるのが羨ましい。少年団は学区の規制もあるし、やりたくない子どもを親が無理やり入れることもある。スポーツと向き合う以前の問題がここにはあります。なので参考になりませんでした。」と言うのがありました。

私は感想などいただいて時間がある時は主催者様にも感想を見てもらっています。

主催者様は、「この指導者に一番聞いてもらいたくて開催し、お越しいただいたのにあの話を聞いて響かなかったですね。残念でした。」と教えてくれました。

この指導者はこのチームのOBです。
少しでも子どもたちと関わりを持って笑顔になってもらいたいと代表の方が指導者として誘ったそうです。

チームは、子どもたちのためにどうするのか?と言うビジョンを各学年のお父さんコーチたちで話し合って決めているそうです。

指導者として参加してスポーツ以外のことをしなければいけないと言う葛藤がこの指導者にはあるのだと思います。

この迷いが子どもたちにも伝わりやりたくない子どもが無理やりきているだから上手くならない。

自分は何をしていいのかわからないと言った感じになっているのではないか。
と主催者様と話をしました。

スポーツにのめり込んでいくと、どうしてもビジョンなどを忘れてしまい。
勝つことに向かって行ってしまいます。

クラブチームではこれらのことが言われるようになってきています。

部活や地域での活動ではこれらのことが明確にならないままスポーツが行われています。

指導者、選手はもちろんですが、保護者や応援してくれる周りの人たちにこれらのことをつたえみてください。

必ず取り組み方が変わってきます。

「準備」と「行動」

以前、教室に通っていただいた
方々が、顔を出してくださいまし
た。

辞めてしまった、もう来られない
かなって思っていたので、とても
嬉しい出来事でした。

そのうちの一人は、いろんな勉強
をして、これからどう動くかを
相談しに来てくださいました。

その方とは、以前もこのメンタル
トレーニングを元に話をしていま
した。

今年は準備の年と決めてはいる。
何をどうしていいのかがわからな
い。でも挑戦をしてみたい。

学んで来たことを、伝えたいとい
うことはすごくわかりました。
でも、少し自信が内容に感じまし
た。

では、自信になることをすれば、
大丈夫ではと思い、あなたがやっ
たことの感想を集めたらどうです
か?その答えがきっと自信となり
一歩踏み出す行動に繋がると思い
ますよ。

私たち運動指導者は、相手が居て
成り立つ仕事です。
なので、相手がどう思ったのかは
とても大事です。
これは、良い意見も悪い意見も、
全て自分の自信になっります。

この準備ができれば、行動がしや
すくなります。

今年は、いろんな人から感想をい
ただくという行動で、来年へ向け
ての準備をすると決まりました。

みなさんも、行動を起こす前に
準備を色々してみてください。

「初めてだった」と「初めは」

選手たちに、終わった後感想を
聞いています。

その時よく聞くの中に
「初めてだったので」という選手
がいます。
仕事でもいますが、この言葉を使
う人の大半は言い訳をしていて、
「初めてだから許してください」
となることが多いです。

それに比べて、「初めは」と言葉
を使う人は、しっかりと振り返り
ができさらに改善したことをしっ
かりと述べていることが多いと思
います。

ここで、思うことは「初めて」を
怖がっていると言うことです。

何をするにも必ず「初めて」が
あって、初めてが必ずしも上手
く行くとは限りません。
だから、結果にこだわることなく
恐れずに「初めて」に挑戦して
もらいたいと思います。

とは言っても、「初めて」でも
何か今までの経験を活かして行動
することはできると思います。

初めてでも、できることを見つけ
ることで結果が変わります。

しかし、「初めてだったので」で
は、できることに目を向けていな
いと言っているのと同じことでは
ないでしょうか?

言葉を変えることによって、行動
が変わってきます。

言葉の使い方を意識して、選手、
子どもの行動を見てあげてくださ
い。

大人はどのようにしてあげたら良いか

今回の連載記事は
「大人はどのようにして
あげたら良いか」

先日のイベントの事前アンケート
からしつもんに答えている記事に
なっています。

一方的に話をしていくよりも、
しつもんに答えていく方が、
いろんな案が出てきます。
それは、相手のことを考えて、
伝えようとしているからだと
思います。

そう言ったことが繰り返され、
相手のことがわかっていき、
コミュニケーションにつながって
いくのだと思っています。

しかし、私たちはしつもんの仕方
を学んできていません。

なので、しつもんしているようで
していないことがあります。
それがコミュニケーション不足で
あったり、意思の疎通ができてい
ない状態になると思います。

しつもんのことも学べる
しつもんメンタルトレーニングを
学びませんか?
ご興味ある方は、下記のインスト
ラクター養成講座をクリックして
ください。

みなさんと一緒に学び合いができ
たら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
感想やしつもんはこちらから
くまのメンタルトレーニング
https://kumasanmental.blog/

協会HP
しつもんメンタルHP
http://shimt.jp/
しつもんメンタル
インストラクターHP
http://shimt.jp/instructor/
インストラクター養成講座
8月23日、30日開催
http://shimt.jp/instructor/?p=2665

モチベーションで変わる行動

本日の日刊スポーツ静岡版はお読
みいただけましたか?

今回の連載記事は
「モチベーションで変わる行動」

シャンパンタワーの法則から、
自分が満たされている時の行動と
そうでない時の行動についてが、
記事になっています。
ぜひ、お読みください。

また今回は、6月末に行った講演
の様子が掲載されました。
2名の感想が載っています。
色々なところで、こう言った話を
させてもらっていますが、
「すぐにやってみます!」
という感想が、多く出てきます。

やってみよう!という参加者さん
のモチベーションアップになった
のかと思います。

そんなやる気持続するためにも、
しつもんメンタルトレーニングを
学びませんか?
ご興味ある方は、インストラクター
養成講座をクリックして ください。
http://shimt.jp/instructor/?p=2665

みなさんと一緒に学び合いができ
たら嬉しいです。

「受け止める」と「受け入れる」

しつもんメンタルトレーニングに
は3つのルールがあります。

・考えた答えは全て正解
・考えて「わからない」も正解
・仲間の答えを「そうだよね」と
 受け止める

その中で「受け止める」について
すこし詳しくお伝えします。

高校生に話をした時のことです。
感想をみると、「今まで私は友だ
ちのことを考えて、自分の意見を
言わずにいました。しかし、どこ
か苦しくて、友だちともギクシャ
クすることも。それは受け入れて
いたということをわかりました。
これから受け止めることを意識し
て自分の意見も伝えていこうと思
います。」

冒頭で話をしたことが印象にある
のは相当インパクトがあったのか
と思いました。

受け入れるとは
相手の言葉をそのままに、自分の
意思を押し殺して行動していくこ
とです。

受け止めるとは
相手の言葉を「そうだよね」と
承認してから自分の意見を伝える
ことです。

自分の意見をいうことが相手の機
嫌をそこねてしまうかもと思う人
って結構いますよね。
なので、「そうだよね」と承認す
ることで自分の意見も言える環境
が出来上がります。

お互いに意見を出し合うことで
選択肢も増えより良い方向へ進む
ことができます。

ぜひ、
「受け止める」ことを意識して
みてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑