ビジョンをハッキリさせよう

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「ビジョンをハッキリさせよう」
です。

チームの考え方や、目標はしっかりと提示しなければいけません。

この部分を出すことにおいて集まってくる選手も変わってくるのではないかと思います。
チームのビジョン考えてみてください

前に講演会の参加者アンケートに「やりたい子ども集まってくるのが羨ましい。少年団は学区の規制もあるし、やりたくない子どもを親が無理やり入れることもある。スポーツと向き合う以前の問題がここにはあります。なので参考になりませんでした。」と言うのがありました。

私は感想などいただいて時間がある時は主催者様にも感想を見てもらっています。

主催者様は、「この指導者に一番聞いてもらいたくて開催し、お越しいただいたのにあの話を聞いて響かなかったですね。残念でした。」と教えてくれました。

この指導者はこのチームのOBです。
少しでも子どもたちと関わりを持って笑顔になってもらいたいと代表の方が指導者として誘ったそうです。

チームは、子どもたちのためにどうするのか?と言うビジョンを各学年のお父さんコーチたちで話し合って決めているそうです。

指導者として参加してスポーツ以外のことをしなければいけないと言う葛藤がこの指導者にはあるのだと思います。

この迷いが子どもたちにも伝わりやりたくない子どもが無理やりきているだから上手くならない。

自分は何をしていいのかわからないと言った感じになっているのではないか。
と主催者様と話をしました。

スポーツにのめり込んでいくと、どうしてもビジョンなどを忘れてしまい。
勝つことに向かって行ってしまいます。

クラブチームではこれらのことが言われるようになってきています。

部活や地域での活動ではこれらのことが明確にならないままスポーツが行われています。

指導者、選手はもちろんですが、保護者や応援してくれる周りの人たちにこれらのことをつたえみてください。

必ず取り組み方が変わってきます。

「伝えるべきことはハッキリ」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「伝えるべきことはハッキリ」

選手たちといろいろ話をします。
その中で、選手たちの答えがぼんやりしていることがきになります。

何が問題なのか?と聞いているのに、
「些細なことが原因で・・・」と答えていました。

この些細なことがが大事な問題なのにここには向き合わずに
「こう答えれば無難に時がすぎるだろう」という思考で答えれることがわかります。

この原因は指導者、大人になるのかと思っています。

言葉のやりとりにあまり時間をとれていないと思います。
というより一方通行で話すことが多いのではないでしょうか?

私は個人セッションの時は、「それで?」「それはどういうこと?」などの言葉をくりかえして、とわざとわからないフリで細かく聞いています。

時間がかかります。
選手が、言いたくない部分なのかもしれません。
「あれ、伝わらないんだ」と気づくつ一生懸命に話をしてくれるようになります。
すると、細かく行動の部分がでてきてます。

指導者も短い言葉でわかりやすい言葉が求められている時代です。

大人が言葉の使い方にをつけていけば、選手たちの使う言葉も変わっていきます。
常にわかりやすくい言葉を使って、選手たちに接してみてください。

「成長」と「タイミング」

私はいくつかバレーボールスクールを担当しています。
その中で女子中学生だけのクラスがあります。
練習の最後はゲーム形式になります。

スクールなのでレギュラーというものがないので、毎回その場でAチームとBチームを決めて試合をします。即興チームなので最近練習では作戦会議の時間をとって選手同士で話し合いをしてからゲームにはいります。

この時の話し合いがゲームやる時の雰囲気や行動に大きく影響しています。いつもは、途中から学校の話や友達の話と話題がそれてしまい開始時間を気にせずに話に夢中になってしまうことが多いです。そこでスタッフ陣から注意を受けてあわててゲームに入ります。

すると、サーブは入らない、連携もできないと1セット目を捨ててしまいます。
しかし、今回は、時間になると自分たちで円陣を組んで、声かけをして「開始していいですよね?」って両チームが準備をしっかりして開始を待ってくれました。

ゲームはいつも以上に盛り上がり、ファインプレイが続出!

私たちスタッフ陣はゲームに関しては最小限のアドバイスしかしません。
いつもなら技術的なことが多いですが、今回は戦術的な部分のアドバイスがメイン。さらに動きがよくなり、お互いに攻守をいろいろ考えながらプレイがどんどんよくなっていきました。

考えないといけない部分は、入り方!
いつもの声かけは「休憩しながら作戦会議してね。〇〇分からゲームね」で終わります。今回はこれにプラスして「バレーの話だけだよ」と付け足していました。

やることがはっきりしていると、横道に逸れることが少なくなります。そんなことも影響して、良い作戦会議ができたのではないかと思います。

さらにスタートするとき、自分たちでやろう!という気持ちになるのと「はい、時間ですやるよ!早く準備して!」と言われてやるのとでは気持ちの面で大きく違ってきます。

毎回この様にできる訳ではありませんが、この場面でしっかり褒めてあげることが大事です。これをすれば褒められる。これをすることがいいことだ!と知ることで次回からも同じ様なことができるようになっていくと思います。

選手の「成長」は些細なことでも大きな変化をとげます。きっかけ何かわかりません。

でも、指導者は、この「タイミング」を逃さず、見ていることを選手に伝えることにより、より選手との絆がふかまり、もっと良い流れをうむことになると思います。

「ゴメン」と「次」

チームでプレイしていると、いろんな声が飛んでいます。

その中で、プレイが続いているにもかかわらず「ごめんごめん」と言っている選手がいました。

本当に優しいんでしょうね。

しかし、プレイが続いています。

「ごめん」というのはプレイが途切れてからでも十分ではないでしょうか?

そして、このタイミングでさらに「ごめん」といった選手へ集中攻撃のようにボールが集まり、全てが後手に周り結局失点になりました。

プレイ中に指示を出すときもありますが、ミスを責めることはしません。
しかしいろんな現場をみているとミスをした瞬間に大声を出している指導者を見ることがあります。

その声で、選手たちは振り向き次のプレイは一歩遅れ失点へとつながります。

このような行動を繰り返すと、ミスをしたと選手が思った瞬間に指導者の顔をみたり仲間の選手をみたりするクセがうまれます。

プレイ中にそんな仕草が見える選手いたら自分の行動をみなおしてみてください。

「変化」と「成長」

コンフォートゾーン=安全な領域

成長するためには、このコンフォートゾーンを広げるか、このゾーンから出るかしないと成長はありえません。

選手たちをみていると、このコンフォートゾーンにいることが楽で安心できるので抜け出そうとしません。

指導者から「なんどいったらわかるんだ!」と言われる選手がいると思います。

これは指導者が言っているプレイが、選手にとって「怖くて不安があるプレイ」なので理解してるけどできないということになります。

身体が動かないのであれば、安全な領域を少しずつ広げていくために反復練習が必要になります。

人は、必要になれば自然と変化することができると思います。

その一つがみなさんが持っている携帯電話です。

日々進化している携帯電話。変化が怖いならガラケーを持ってばいいのです。

でも、携帯は変化するものだと思い、新しいものに違和感なく購入していくと思います。

スポーツも年々変化しています。
それを変化しないでいたらどうでしょうか?

バレーボールのチームを持ち私が学生時代の監督や同級生に会う機会が増えました。

学生としてプレイしていたのはおよそ30年前です。

今基礎の話をすると変わっていない指導をしている人たちがいました。

指導者は自分がやってきたこと、経験がコンフォートゾーン内でで、新しいことを勉強するということは、コンフォートゾーンから出なければいけません。

なので多くの指導者は選手をみなければいけないからと理由をつけて新しいことを学ぼうとしない現状があります。

指導者がこうだったら選手たちはどうでしょうか?

より変化をこわがるのではないでしょうか?

せっかく携帯電話と変化をし続けてくれるものが身近にあるのですから、何か変化をしなければいけないとき、携帯電話をみながら怖がらずに変化を楽しむように考えてみてください。

「厳しさと風通しの良さ・・・バランスを保とう」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

先日行なった藤枝ブレーブスさんへの出前授業の様子も掲載されています。ぜひお読みください。

今回の連載記事は
「厳しさと風通しの良さ・・・バランスを保とう」

ツイッターをみていたら、「育成の中身どうのも大事だけど、まずは殿様みたいな指導者と武家みたいな主従関係のチームをなくすことかな」とつぶやいている人がいました。@1026TETSU

テニスの大阪選手や錦織選手が、コーチを変えるとニュースになります。

日本人の感覚では、指導者を変えると言う感覚を持ち合わせていないようなので、ニュースになります。

あるチームの練習試合に行った時、ステージには飲み物が並び、お茶菓子が数種類出ていたました。
保護者の方が、試合を終えたスタッフに飲み物は?と聞く場面をみました。違和感しかありません。

このような環境が指導者を勘違いさせて殿様みたいになるようです。

ここでも何度か書かせていただいていると思いますが、スポーツの「主役は選手」です。

指導者が、このことをしっかりと学び、選手と接することができたら、厳しさと風通しのバランスがうまく保たれると思います。

まだまだ、選手がスポーツやチーム、指導者を選べると言う環境にはありませんが、指導者がもっと考えて、学びそれを選手に伝えて欲しいと思います。

「驚き」と「感動」

感動するには、驚きがあります。
ラグビーのW杯は、一生に一度とかもと言うプレミア感があっり、そして前回の結果などもあり何かやってくれるだろうと言う期待がありました。

その中で、しっかりと準備してきた結果、ランキング上位を破った驚きと、初の決勝トーナメントでベスト8で日本中が感動しました。

スポーツは、驚きがあることで、感動し人を引きつけていきます。

最近、選手や保護者から指導者についていろいろな意見を聞きます。

そこには、選手と指導者、保護者と指導者の関係がうまく言っていないように感じます。

それはなぜか?

スポーツを面白くないと感じ、驚きがないからです。

「これをやってごらん」と一言でアドバイスしたことが、すぐに選手できて、プレイが変わったら、選手自身が驚きもっとやりたいと思うでしょう。

また、選手が考えた答えを、少し大げさに驚けば選手はこの考え方は間違っていないと自信につながっていきます。

そんな驚きを繰り返すことで、試合で感動に結び付くと思います。

プレイへのアドバイスは難しいかもしれませんが、選手を観察していればできることだと思います。

多くの部活を見学させてもらっています。練習をみていると、淡々と進んでいき驚きがないように感じます。

練習の中でところどころに驚きを入れてあげてください。

もし、これを読んでいる方が人との関係を感じていたら、驚きを意識してみてください。

きっと関係が変わってくると思います。

「エース」と「その他」

中学3年生の元バレーボールクラスのスクール生が準備をしている時に顔を出しててくれました。

そのままチームの方に入って中心選手として活躍すると、誰しもが思っていたのですが、その選手はチームに入る選択をしませんでした。

それでも、バレーボールが好きで、高校の試合の話をすると、これからの自分と当てはめながらものすごく楽しそうに話してくれました。

さて、彼はなぜ、バレーを一旦離れる選択をしたのでしょうか?

表向きは、大会が近隣で開催されることがなく、今まで長距離移動しての大会で良い結果が出なかったから仲間に迷惑をかけるというものでした。

しかし実際は、元チームメイトと一緒にバレーをしたくないということだそうです。
今現状では、その選手のチームメイトは誰1人もいません。

私のところでバレーをやるときはとてもイキイキしているし、周りにも気を使いながら、自分の成長のために努力していました。
しかし、自分のチームになると強力なキャラクターの選手に押されてしまい自分を出すことが出来なくなっていました。
そして、自分のプレイが出来なくなると監督から怒られるという悪循環を繰り返していました。

理由が理由だけに残念で仕方ないです。

しかし、実際にこう言った選手が私のところに何人か来ています。

どうして、こう言ったことがおきるのでしょうか?
小学校や中学校ではエースと呼ばれる少しだけ仲間より運動ができる選手がいます。
そう言った選手勘違いさせる育て方をことが原因ではないでしょうか。

どこかの監督がインタビューで「〇〇選手をもっといい場面で出してあげたかった」と言っていました。スポーツの試合でいい場面とは何を示しているのでしょうか?

エースであれば、難しいことや、仲間のミスを取り消すためのプレイができる選手だと思います。

しかし、勘違いした選手は、周りの選手が出来ないことを平気で要求します。
できる選手が正義になってしまったら、出来ない選手が悪になり、そうなるとスポーツは面白くないものになりますよね。

勘違い選手を無くし、みんながスポーツを楽しめるそんな環境を整えて行くためにも、指導者はいろんなことを学んで欲しいと思っています。

「多くの人から学ぶ」と「1人に学ぶ」

私のメンタルトレーニングの師でもある藤代は、スポーツ現場だけなく教育現場でもしつもんや生徒、選手のことを考えています。
そして、国内だけに止まらず海外に目を向けて学び続けています。

私自身、流石に学校教育と言う点に関しては少しスケールが大きく感じていて、スポーツの現場で選手たちが輝ける選択をしてもらいと考え活動しています。

先日、サッカー指導者と保育士、芸術家とちょっと不思議なメンバーで会食をしました。

その中で話をしたことは、生徒、選手がどう育っていくかでした。

そう考えてた時、生徒、選手に多くの人に関わってもらうことが大切となりました。

学校では、1年で担任や教科担当が変わります。それは1人の人の考えを押し付けないためのことだと思います。

しかし、スポーツはどうでしょうか?

毎年変わってしまうと、生徒が混乱すると言う意見があります。
でも、学校では毎年変わっていますよね。しっかりとマニュアルができていれば問題ないとも考えられます。
部活は教育の一貫と言われているわりに矛盾が生まれています。

最近はクラブチームが各スポーツでできています。
数名の指導者いるところが多いのです。

クラブの理念を持っています。
指導者はその理念を理解していますが、人によって考え方は絶対違うと思います。
そういった違いが選手に考えると言うことをさせ、成長に繋がると思います。
理念がしっかりしていれば、大きく違うと言うことはないと思います。

あなたの関わる選手にも多くの指導者に触れ、成長をさせてあげてください。

「選択肢」と「嫌うこと」

選択肢がたくさんあることは、素晴らしいことです。
時として、選択肢が多すぎることがアダとなり、迷い、間違えると言う事もあります。

しかし間違えると言うのは、経験することで、成長にはとても大切なことです。

選択肢は、指導者や大人が選手に伝えたり、教えたりすることが指導者の経験を選手が経験をする時間を省いて考え方の一つにできます。

これはあくまでも過去の経験と言うことを指導者は忘れてはいけません。

あくまでも主役は選手です。

また、選手は指導者が変わると前の方がよかったと、新しいことを取り入れることを嫌がる傾向があります。

嫌ってしまうと、楽しかったスポーツそのものが楽しくなくなってしまいます。

なので、選択肢の一つとして指導者の言うことが頭の中に入れてください。

主役が選手なのですが、指導者の主は選手ではなくチームになることが多いです。
さらに指導者が自分のチームと言う意識が強くなるとチームとしてもうまく機能しなくなります。

全ては良かれと思ってい行っていることです。ボタンの掛け違いにならないように誰が主役?、どうしたい?を忘れないように新チームを作っていただけたらと思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑