「整理整頓」と「スポーツ」

私は整理整頓が苦手です。

昔から靴を揃えない!

脱いだウエアはしっかりたたみなさい!

など、スポーツ関係ないところを言われ続けてきました。

少し前のブログでも書いていると思いますが、整理整頓ができるから強い選手、素晴らしい選手とは限りませんが、トップ選手は必ず整理整頓ができています。

最近、選手たちにコートを分割してどう動くかを話をしています。

そこで気が付いたことは、コートの整理整頓が必要。

相手の攻撃はどんながあるのか「整理」して仲間の位置がどうなっているいのか自分はどこの守るのかなど「整頓」を瞬時に判断しなければ行けません。

普段からの判断が、スポーツでも活きてくる。改め感じています。

そして私は選手たちに宣言しました。
「俺はね、整理整頓が苦手です。でもこのシステムをするためには整理整頓が必要だと感じています。だから、苦手なこと頑張るって君らにアドバイスが的確にできるようにする。だから君らも普段から整理整頓して、この難しいシステムを完成させよう!」

「強さ」と「整頓」

強いチームは、整理整頓ができています。

しかし、整理整頓ができているから強いとは限りません。

なぜか?

それは、日常生活とスポーツがリンクしているからです。

自分たちの動きが整理されていれば、スポーツでも単純化され動くことに迷いがなくなります。

だから、日常から身の回りの整理整頓を伝えている指導者が多いと思います。

残念なのは、その意図までが伝わりきれていないこと。

選手が「これをやっておけばいいんでしょ。」

こうなると成長は止まってしまいます。

そんな時は、「なんのためにやっているんだろう?」「スポーツと繋がるところはどこがあると思う?」と選手に聞いてみてください。

つながりをしっかり考えて行動している選手か?やらさせれている選手がわかると思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑