「 夢」と「目標」

今朝、冬休みに入った中学校の女子バッスケット部にメンタルトレーニングをしてきました。

ゴールや目標はしっかりいえましたが「夢はなにですか?」のしつもんには何も答えることができませんした。

そこでしつもんをかえて
「どんな選手になりたいですか?」と聴きました。

すると、「〇〇先輩みたいになりたい!」言っている選手がいました。
それだけだと、あれもやりたいこれもやりたいとなってしまうので、「その先輩のどんなプレイをまねしたいの?」と聞くと、「先輩の〇〇なプレイが好きだから〇〇のようなプレイがしたい」と教えてくれました。

人はあこがれを持つこと、それが夢になります。

そして、その夢に向かって行動することが目標をクリアしていき、ゴールにたどりつくことができます。

中学生、高校生のスポーツをしている多くの選手が目標は?と聞けば「〇〇大会優勝」と答えます。

実際にはそこから行動をしていないからです。

なので彼女たちには、「どうしたらそのプレイができるようになるの?」と聴きました。

すると具体的なことがでてきます。

夢から目標、そしてゴールへ向かうためには明確化と具体的な行動を考えないければ、夢で終わってしまいます。

彼女たちの目標は現時点では夢でしかないと思います。しかし今まで考えてこなかった部分をしっかりと考えていけば、きっとクリアできる目標に変わってくると思います。

みなさんも、夢にたどり着くためにどんな目標をたてて、何をしていくかを明確にしてみてください。

「単純化」と「明確化」

バレーボールでメンタルサポートチームと一緒に恩師が監督をしている高校に練習参加してきました。

練習試合の予定を変更して、中学生のための練習をしてくださいました。

その指導をみていると、まずは「単純化!」
やることを絞って、そこだけをみてあげてできるようになったら褒めていました。

指導者は、どうしてもあれもやりたい、これもやりたいという欲ががでてくると思います。
そこを一点にしぼって指導していくから選手もわかりやすく、だんだん変わっていききます。

そこができたことを確認してプラスアルファーを伝える。
できた!という成功体験があるから次のステップも意欲的にやろうとする。

だからどんどん選手たちが自主的に成長していくんだなと思いました。

プレイの単純化ができたら、役割の明確化!

みんなでやろうとする大事。
役割の明確化により分業した方が迷わないでプレイできる。

この作業は監督の仕事!

このチームの監督と話しながらどこを単純化して、どの部分の役割を明確化していくのかがこの数日の課題となりました。

バレーボールに限らず、指導者の方は、プレイの単純化と明確化を考えて指導してあげてください。

「言語化」と「行動」

メンタルトレーニングで大切なこ
とは「言語化」です。

私自身もそうでしたが、「このぐ
らいは、書かなくていいや」と、
書かないことがあります。

結局この時に浮かんだ言葉がキー
になっていることが多かったりし
ます。

しつもんメンタルでは、考えた答
えは全て正解というルールがあり
ます。

恥ずかしがらずに、なんでも正解
だから書いてね。って言いますが、
書けない人もいます。同じような
思考になっているのかと思います。

書き出すことでより行動の明確化
につながります。

無意識で行なっていた行動を言語
化して、それを行動に落とし込む
と、新たな発想が生まれたり、
スムーズに応用ができるようにな
ります。

ぜひ、言語化する練習してみてく
ださい。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑