「楽しい」と「楽」

あるスポーツ選手が

「楽しくプレイするためには楽をしていけない」

そんなことを言っていました。

人間は楽な方を選択すること多く身の回りの進化は

人間が楽をするためには作られてきました。

しかし楽をするあまりに体力の低下や免疫力の低下が言われています。

先日コーチをしているチームの1年生が、

「やっと体育の授業でバレーが始まって楽しみにしていたけど
繋がらなくてつまらない。だからバレー部の子とパスしてました。」

と言っていました。

私は、よく選手に
「楽しいにはいろんなレベルがあって、君たちはどのレベルの楽しいで
満足するのかを考えて練習をしてください」
と伝えています。

私がコーチに入って半年ぐらいですが、実力を見るためにいきなり1年生にミニゲームをしたことがありました。
その時は、手投げで相手コートに入れてゲームスタートでしたが、そんな簡単なボールでさえ落ちていました。
ボールが3回できただけで手を叩いて喜び、相手コートにボールが返るだけで大喜びをしていました。

半年が経ち「楽」をしないで向き合ってくれたからだから出てきた感想なのかと思っています。

みなさんも「楽しい」について考えてみてください。

「新しい事への挑戦が成長に」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「新しい事への挑戦が成長に」

高校入試、大学入試と4月から環境をかえるために勉強していますよね
それはどうしてでしょうか?

不安に感じると立ち止まるという選択をする人がいます。

学年がかわるこの時期は不安を感じて立ち止まることはをしていません。

それは、時間が動いているからです。

大きなゴールを目の間に立ち止まることもありますが、それでも進まないと卒業や進級が来てしまうことをしっているからです。

人は新しいものを欲しがると聞いたことがあります。
いろんなものが進化しているのは、新しい物を欲しがっている証拠だと。

期限や、先にどんなことがあるかを知っていると不安でも進むことができます。

しかしこれらのことを気にしないと、やらないことが「楽」なので、行動がうまれません。

人は新しい物を欲しがるのには楽を求めてもいます。

これらの矛盾を理解して、優先順位がどうなっているかを考えながら伝えてみてください。

「優しさ」と「厳しさ」

個人スポーツでいえば、
「優しさ」自分の体のケアの部分になってくるのでしょうか?
「厳しさ」は練習に対する取り組みかたになってくるのかもしれません。

全てが自己管理になってくるので、やればやっただけの成果がえられます。
過去に中学生の短距離の選手のトレーニングやメンタルをみていたことがありますが、周りをきにせずに、淡々と練習に取り組んでいたことが印象的でした。

チームスポーツではどうでしょうか?

残念ながらこの様な自立がしにくいのではないでしょうか?
それは、「優しさ」が自分に向くのではなく仲間に向きます。
すると、「厳しさ」よりも「嫌われる」と考えることが大きくなり、
結果「楽」を選択する様になります。

チームレベルによりますが、何を楽しむか?によって「厳しさ」のレベルが変わってきます。

あるチームの選手たちは、はたからみたら罰ゲーム的なことを練習後笑いながらやっていました。
それを見ている選手もニコニコしながら応援しています。
罰ゲーム的に受けている選手は肩で息をしながら「もう〜」とかなりへばっていましたが笑っていました。

そんな場面の話をもう二つぐらい下のレベルの選手にいうと、「はぁ?」「馬鹿じゃないの?」「意味わかんなくない?」と言っていました。

自分たちで「厳しさ」を「楽しさ」に向けることがぎりぎりのときに活かされるプレイであって、これが監督からやられていたのであれば、身につくまでに時間がかかるのかもしれません。

仲間に「厳しさ」で接することが成長のためには必要な「優しさ」です。

切磋琢磨という言葉があります。
琢磨は磨きあげるという意味で
切磋は学問などをねりみがくことだそうです。

ぜひ、お互いの成長のために「優しさ」とはなにか「厳しさ」とはなにか考えお互いに成長しあって、ゴールにたどり着けるように向かっていただけたらと思います。

「素直な気持ち」と「行動」

メンタルトレーナー仲間に自分のチームのメンタルトレーニングをお願いしました。

終わった時の感想が、「選手たちすごく素直ですね」でした。

良い選手の条件として、「素直であること」をあげている指導者がいました。

素直って言葉はとてもいい言葉なんですが、スポーツ選手にとって良い言葉なのか?少し疑問に思っています。もしかしたら、指導者が楽をするために素直にさせているのかもしれません。

確かに指導者の言うことをなんでも聞く選手は楽ですし、成長も速いと思います。
しかし、試合の大事な局面では対応できないと言うことがあります。

それは素直すぎて、そして信じすぎているから、自分で考えられなくなり、行動ができなくなってしまうからです。

あなたの周りにいる選手、お子さんは素直ですか?

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑