「選択」と「正解」

負けるための選択をしていると言う話を以前こちらのメルマガにも書いたと思います。
昨日それが目に見えてわかることがおきました。

スポーツは結果があって、
その選択が正しかったのか、どうなのかがわかります。
なので、選択し、行動をした時には、
みんな正しいと思って行動をしています。

そして、人の思考には癖があります。
負け続けている人たちの選択にはその癖が影響して、
負ける方を選んでいると言うことがあります。

昨日起きた出来事は、バレーのゲーム形式でプレイが途切れた時、
私がある選手に今のはどうだったのか?こうした方がいい?と
コート外から指導をしていました。

すると隣にいた選手が話しかけて、
指導していた選手は視線を話しかけてきた選手に移し、
そこで会話が始まろうとしていました。

この選択は、結果を見るまでもなく負けるための選択であり、
練習に来ているのではなく、遊びに来ていると考えます。

バレーボールはチームスポーツです。

話しかけた選手も悪ければ、
それを聞いた選手も悪し、
周りの選手も止めれないのも悪い
それら全てが負けるための行動をしていたことになります。
そのことにガッカリして練習を中止しました。

コミュニケーションの大切さを常に伝えていますが、
コミュニケーションをとるタイミングや内容がとて大事です。

ましてや指導者とのコミュニケーションに障害が生まれてくるので
あればそこはもはや無法地帯。

部活で、スポーツ経験のない方が顧問を行うことがあります。
結果どうなっていますか?
多くの保護者は、指導者を探すと思います。
それができないチームは、勝つことどころか、
チーム内の人間関係もまま、人のせいにしながら大会を終えていきます。

これから3月まで、学校や部活動が元に戻るために駆け足で進んでいきます。
そんな中、ついていけない選手は、
置いていかれることがあるかもしれません。
置いていかれないためにどんな選択や行動が必要なのか、話をしていただき、
選手がしっかりと正しい選択ができるように、
サポートしてあげてください。

「昨日」と「今日」


昨日メルマガを書いて、娘の入学式にいきました。
メルマガでは学校が始まります。
って書いてみましたが、
学校に行ったら、4月10日から5月6日まで休み
と言うことになりました。

世の中が、昨日言ったことが今日変わってくることが
当たり前になりつつあります。

選手たちと話をしていると、
時々「監督が言うことコロコロ変わってどうして良いのかわからない」
と聞くことがあります。

一貫性がないと、選手は右往左往します。
でも、
正解がないものを身につけて行こうとしているのがスポーツです。
指導者が良いものを取り入れようと考えているとしたら?

決して悪いことではありませんし、
遠回りと思うことでも、
それは経験値の一つとなり、
選択肢を増やす糧になります。

今、この時期だからこそ、
変化に対応してい術を身につけて意識を持っていただけたらと思います。

「正解」と「結果」

データの解析などが進み、ある程
度こうすれば正解というものが、
わかるようになりました。

テレビやネットでは、ある投手の
話がまだまだ話題となっています

未来のことにつては、誰もわかり
ません。そして、多くの人が、過
去の経験を元に練習をしています

しかし、過去が〇〇だったから、
今の選手が必ず〇〇をすれば、同
じ結果になるということはありま
せん。

それはスポーツは人がやることで
あって、全く同じ環境で、同じ人
が同じことをするとは、限らない
からです。

なので、選手たちにもそのことを
伝えることが大切ではないでしょ
うか?

これが正解とは限らない、でも
この選択が増えることで、結果が
変わってくる

そうすれば、選手たちの受け取り
方も変わってくるのではないでし
ょうか?

そして、考え方も変わっていきま
す。

皆さんも、そんな選択を選手に
委ねてみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑