「次のステップ」と「次のステージ」

本日の静岡新聞の切り抜きです。
いろんな情報が出ている中で、
保護者の方と「本当にあるのかな」
と話をしてる中、新聞発表は嬉しいですね。

しかし、同じ静岡県内では、市によって対応が様々で
すでに中止を発表している市もあるそうです。

育成という考え方でいけば、大きな大会を目指すのではなく、
やってきたことの発表する場としてもらうことが一番だと思っています。

なので、今回地域で対応が違うこともいいと思います。

しかし、3年生には次へのステップになる区切りをつけてあげて欲しいと思います。
後輩たちにつなげるため、自分たちがしてきたことを確認するために
大事なことではないでしょうか。

そして、引退ではなく
次のステップ(勉強や他のスポーツ)や
次のステージ(同じスポーツでレベルの高いところ)に

スムーズに進んで欲しいと考えています。

大人はどのようにしてあげたら良いか

今回の連載記事は
「大人はどのようにして
あげたら良いか」

先日のイベントの事前アンケート
からしつもんに答えている記事に
なっています。

一方的に話をしていくよりも、
しつもんに答えていく方が、
いろんな案が出てきます。
それは、相手のことを考えて、
伝えようとしているからだと
思います。

そう言ったことが繰り返され、
相手のことがわかっていき、
コミュニケーションにつながって
いくのだと思っています。

しかし、私たちはしつもんの仕方
を学んできていません。

なので、しつもんしているようで
していないことがあります。
それがコミュニケーション不足で
あったり、意思の疎通ができてい
ない状態になると思います。

しつもんのことも学べる
しつもんメンタルトレーニングを
学びませんか?
ご興味ある方は、下記のインスト
ラクター養成講座をクリックして
ください。

みなさんと一緒に学び合いができ
たら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
感想やしつもんはこちらから
くまのメンタルトレーニング
https://kumasanmental.blog/

協会HP
しつもんメンタルHP
http://shimt.jp/
しつもんメンタル
インストラクターHP
http://shimt.jp/instructor/
インストラクター養成講座
8月23日、30日開催
http://shimt.jp/instructor/?p=2665

「挑戦」と「安心」

スポーツでは、技術を習得するた
めに「挑戦」をしないと技術習得
は難しいとされています。

基礎は反復練習で地道にやってい
ることが多いと思います。
そこから応用に移る時、失敗して
も大丈夫という環境になっている
でしょうか?

なんでも初めてやることはドキド
キして、うまくできないことがあ
るのと思います。

何度か繰り返しているうちに、
コツを掴みだんだんできるように
なっていきます。

はじめのうちは、
失敗しても大丈夫!
という気持ちがいつのまにか
なんでできないんだ!
って変わっていきます。

人の成長はそれぞれです。

しかし、指導者や保護者が思って
いる成長速度と違っているから、
「なんで!」という言葉が出て来
るのではないでしょうか?

そして、「なんで!」という言葉
を聞くと選手は萎縮して、安全領
域から出ようとしなくます。

なので、いつまでたってもその技
術を習得することが出来ず、
さらに指導者から「なんで!」と
いう悪循環になっていきます。

新しい技術を習得する時は、失敗
を振り返るのはなく、行動を分析
して、出来たことを認めてあげて
ください。

そうすることによって、失敗を恐
れずに次も挑戦してみよう!次は
ここを変えてみよう!という気持
ちが生まれてきます。

結果だけをみてしまうと、選手は
ミスが出来なくなってしまい、で
きることだしかしやらなくなって
しまいます。

常に安心して挑戦できる環境を作
ることを意識してみてください。

インストラクター養成講座

一緒に学びませんか?

夜メールが届きました。
「しつもんメンタルトレーニングのインストラクターに興味があります。相談にのってください」というものでした。
話を聞くと夜しつもんメンタルを受講し、すぐにメールをしてきたとのことでした。

先日講演会に行った時、終わった時に数人がわたしの元にきてくれて、
「ライセンスはどうなっているんですか?」
「もっと学びたいですけど」
と言ってもらいました。

しつもんメンタルトレーニングを受講すると、保護者の方もやる気になる
そして、行動をおこす。
これってすごいことではないでしょうか?

しつもんメンタルトレーニングは
「その人がその人らしく輝く」というキャッチフレーズに
自ら考えて行動する「自主性を育む」ということもキーワードになっています。

大人が見本をみせて変わっていくことが、
子ども、選手が変わっていくことかと思います。

そんなきっかけきになるしつもんメンタルワークブックインストラクター養成講座
ぜひ、ご参加ください。

お申し込みは下記のバナーをクリック!!

養成講座バナー

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑