「なんで?」と「なんで?」

先日しつもんメンタルトレーニングの仲間にメンタルトレーニングを行ってもらいました。

時々、仲間内でやっています。

あるインストラクターは、仲間どんな講座をするのか?
あるインストラクターは、webの使い方を確認しながら
あるインストラクターは、自分のために
といろんな思いで参加しています。

私は、どいちらかというと自分のためと言うより、このような機会はしっかりと自分とむか合わないともったいない。と考えているからです。

受講してみて、自分は「なんでバレーボールで勝ちたいのか?」と言う
疑問に行き当たりました。

わたしたちインストラクターでは「なんで?」
ではなく「どうしたらできる?」と使い分けています。


「なんで?」と聞くこと言い訳が返ってくることが多いからです。

でも、理由や在り方などを考えていくには
この「なんで?」が必要になっていくと思います。

いまだバレーボールの指導ができませんが、
再開するまでに「なんで勝ちたいのか」を深堀りして
指導に活かしたいと思います。

みなさんも「在り方」について自分に「なんで?」と問いかけてください。

「プライド」と「行動」


人は、それぞれプライドがあって、ルールをもって行動していると思います。

その中で、人から見たら些細なプライドがたくさんあるのではないかと思っています。

最近、私が選手に話をするときに、「そのプレイをしないのは、なんで?」と聞く時があります。(この聴き方はあまりよくないですが)

答えは、だいたい言い訳です。

その言い訳は、理由がどこにあるのかをわざと探ります。

多くの選手は、もののせいにしたり、ひとのせいにすることが多いです。
「自分はやっている!だけど…」と本人は気がついていませんが、プライドが邪魔をして自分と向き合うことができていません。

指示の出し方も、自分がミスしたときは何も言わないのに、人がミスをしたときには「もっと〇〇にやろうよ!」と言いていることがあります。

自分としっかりと向き合いながら練習をしている選手は「〇〇をする。〇〇をする。」と自分に言い聞かせて練習に向き合います。

自分と向き合うことができる選手は、上手くなるために努力します。
多くの人にアドバイスを求めていきます。

なので成長速度はものすごく速いです。

目的が何なのかがはっきりしてるからですよね。

みなさんも躊躇する行動あると思います。
そのとき、プライドが邪魔をして躊躇しているのか自分と向き合ってみてください。

そして今、どんな行動しなければいけないのか考えてみましょう。

「選択」と「行動」

その時、その時に感じたことをタイトルとして保存しています。

そして、タイトルをみながらその時の出来事を思い出しながら文章を作っています。

時々、送信させていただいたタイトルを確認しています。

すると、「行動」って言葉が多く入っていることに気付きました。

今、行動するっていることがきっと自分にとって大事なことなのかと思います。

人は行動するときに必ず選択をしています。

それは「やるか」「やらないか」の選択です。

試合中や練習中に仲間やスタッフから「そこ行け!」って言われることがあるかと思います。

しかしそこで行けない選手は、何か理由があって「やらない」と言う選択をしています。

この理由が明確にならないといつまでたっても「やらない」と言う選択を繰り返します。

なのでこのようなや「やらない」理由を聞き出してあげることが大切です。

明確になれば、違う方法やもしかしたら「やれる」「やる」選択に変わってくるかもしれません。

ぜひ選手を観察してどんな選択をして行動をしているのかみてあげてください。

「積み上げ」と「成長」

人は大きな成長をする時があります。

しかしそれは、準備がしっかりできた人のみに起こることだと思います。

私自身、これを学べば、この資格をとればと動いていた時があります。

でも、そこでは大きな成長は感じれませんでした。

当然です。この学びは、1日や2日での講習会。なんとなくわかった気になっているだけですから、身についているわけではないからです。

スポーツでも同じです。

選手たちはそれを忘れてしまっている事があります。

基本技術の習得は地道なトレーニングの反復練習です。

しっかりとした基礎技術の積み上げがあるからこそ応用がいきてきます。

トップ選手がカッコイイプレイをして真似をしようすることは大事です。
でもうまくはいかないと思います。

そこで出来ない理由は何か?

しっかりと考え、もう一度基礎の積み上げを確認して欲しいと思います。

毎日の練習をどう考えて行うか?

皆さんの関わっている選手、お子さんともう一度確認してみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑