「自由」と「選択」

チームに急遽呼ばれて体幹トレーニング指導をしてきました。
メンタルの仕事もしていますが、運動指導もしているますので、こっち本業だったりします(笑)

監督さんは、「なるべく選手に考えさせたい。選手主導でやっていきたい。」と言っています。

最近のトレンドをしっかりとキャッチして指導されているのかな。と思い練習を見学していました。

しかし、練習が進むといつの間にかだらけてしまったり、自分の順番が来ないと他の選手と話をしていました。

自由とは何かをものすごく考えられました。

自由にやると言うことは、考えがあってできることです。
そしてそこには責任が生まれます。自分自身で成長をしていくための行動になります。

しかし、何をしていいのかわからない状態で自由にしていいよと言ってもただ遊んでいるだけになります。

そうするか?

それは、選択肢を用意しておくことです。

自由にやるのは大切だと思います。

難しいのであれば、例をあげてあげること。
そして、そこから他に考えれることはない?と問いかけてください。
きっと新しい発想が生まれると思います。

その発想を大事にしてあげることで、自由にしっかりと練習ができるのだと思います。

経験がなければ考えることも発想することもできません。

まずは、色々な経験をさせてそこから選択をできるように導いてあげてください。

「考えた行動」と「勘違い」

私が行なっているチームや、運動教室では「考えて行動する」ということを意識して指導しています。

その中で、時折選手が「勘違い」して練習に望む事があります。

勘違いとは、
好き勝手にやっていいと思い込む事で、そこにルールがないという事です。

その時決まっていうことは、「スポーツはルールがあるから成り立っています。」

すると選手たちは、「あれ?って思って考えてくれます。」

考えた行動とは、
ルールの中で考え行動するという事。

チームには監督やスタッフがいます。選手はなぜこういった人たちがいるのかを考えなければ行けません。
ちなみにテニスの個人種目はコーチはいますが監督はいません。
なぜか?
テニスはベンチに入れるのは選手だけだからです。

スポーツによって違いがあるにしても必要だからその立場の人がいます。

自由な発想はものすごく大事です。
そこから、どうルールと結びつけていくのか?
さらに考える事で、選手として大きな成長があると思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑