「飛び込む」と「飛び込まない」

私が行なっている運動教室などは有料です。
なので、参加するしないは、参加者の気持ちに委ねられます。

以前、上級生と上手くできるか心配です。と保護者の方が行ってきたことがありました。

その時は、上級生はこの子に対してコミュニケーションを取ろうとしていました。
でも、その子はその行動に気がつくことなくやめてしまいました。

1番にやりたいことが何だったのか?

技術習得の場所で、みんなが上を目指している場所です。

ここで練習していけば、2学年上の選手たちのスピード、パワーに慣れることで自分の学校での活躍ができるチャンスだったのにちょっと残念でした。

さて、皆さんはどう考えますか?

池の底欲しいものが落ちているのが見えています。

水の中に入っていけば取れるのに、水が冷たい、泥が嫌と言って眺めていますか?
それとも、池に飛び込んで欲しいものをつかみますか?

選手たちが頑張ろうと意思表示をすれば、保護者の方や周りの大人が池の淵までお手伝いしてくれます。そこからは、選手自身が何を1番に考えるかになります。

頑張ろうと言う意思はどのぐらいの意思なのか?

ぜひ選手たちと話し合ってみてください。

最近私の周りには、やるって言いながら、池の水に少しだけ触れて入らない選手を見かけることが多くなってきました。
本当はやりたくなかったのかな?
この先スポーツやめてしまうのかな?
といろんなことを想像してしまいます。

自分から入っていく勇気を持ってスポーツに臨んでください。
入るっていく経験は今後大きな成長になります。

「さまざまなスポーツからいろんな経験を」


本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「さまざまなスポーツからいろんな経験を」

スポーツの特性にもよりますが、選手には色々なスポーツをさせてみてください。

日本では、小さい時から一つのスポーツをやり続けることが多いです。

すると、壁にぶつかった時に、方法がわからずに選手が潰れてしまうことがあります。

違うスポーツをしていると体の使い方やスポーツの考え方から壁を乗り越える方法が見えてくるのかもしれません。

本格的に他のスポーツに取り組のは大変かもしれませんが、アップの時に違うスポーツをしてみたり、オフシーズンに他の部活と一緒に活動してみるなど、工夫はできると思います。

学校は、色々な授業があります。

それと同じと思えば二刀流、三刀流は決して難しいことではないと思います。

スポーツは色々進化しています。
それに対応するために指導者も考えなけれいけないし、選手自身も色々な経験をすることで、よりスポーツを楽しめ、進化に対応してさらにスポーツを進化させていくものになると思います。

ぜひいろんな経験をしてみてください。

「競技に集中して楽しめる事が大事」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「競技に集中して
      楽しめる事が大事」

先日バレーボールの体験にきてくれた選手の保護者にこんなことを言われました。

「すごく楽しそうにやっていてよかったです。」

実はその選手がニコニコしながらやっていたのかは少し疑問に思っていました。

社交辞令的な部分もあるのかもしれませんが、保護者からは楽しそうに見えて「楽しそうにやっていた」という言葉が出たのかと受け止めています。

他の体験会でも、こんなに「楽しそうにやっている姿をみた事がない」という感想もありました。

これは、私のスポーツに対する考え方で「理念」になるのですが、
「スポーツは遊びであり楽しむもの」
(この楽しいはいろんな意味があって、楽しむために何をしなければいけないのかを考える事が必要になっています。)

普段のスポーツはどんなイメージがあるのでしょうか?

苦しくてもその先にある、何かをつかむ事が楽しいはずなのに「何かをつかむ事」ができなかった経験が多いのかもししれません。だから楽しくないのかもしれません。

この「何か」を明確にする事で、楽しいを理解して、理念に基づくチームができてくるのではないでしょうか?

あなたの関わる選手、お子さんはスポーツを楽しんでいますか?

「~だろう」と「~かもしれない」

大人は特に経験を結果みて「~だろう」ということがあります。

結果をみてからの言葉は全て後付けになってしまいます。

選手はだったら「先に言ってよ」って思うことがあります。

考える機会を選手に与えるためには、「こういう場面は〇〇かもしれない」「もしくは■■かもしれない」と先に選択肢を与えることが大事です。

結果をみて伝えるのであれば、今の場面〇〇をしたけど、■■は考えた?とか、△△は見えた?など選択肢を増やしてあげる言葉掛けをしてみてください。

すると選手たちの選択肢が広がり、プレイの幅が拡がります。

答えを教えてしまうと、選手が楽をして考えることをしなくなりまます。
逆に、考えるような言葉掛けを続ければ、選手自身が考えて行動するようになります。

ぜひ言葉掛け考えて選手、お子さんに伝えてみてください。

子どものだけも問題解決

本日の日刊スポーツ静岡版はお読
みいただけましたか?

今回の連載記事は
「子どものだけも問題解決」

今回は前回の話の実例紹介となっています。

大人は、いろんな経験をしています。

その経験を子どもたちに伝えたい、遠回りをさせたくないと言う気持ちで教えてしまいます。

すると子どもたちは考えると言うことをしなくなります。

なので、大人はじっと我慢して見守ることで、子どもたちに考える力を育むことができると考えます。

ある保護者とお話をした時、「私は子どもには全て揃えてあげてきました。その環境の一つがあなたの教室です。でも、あなたは教えることができるのにそれをしてない。」と言われたことがあります。

その子は言われたことはやりますが、それ以外のことは自分から進んでやりません。

この話を聞いて、そう言う環境からくる行動だったんだと気づきました。

そして、しばらくしてこの子どもは辞めていきました。

人はパニック状態から考え学ぶことで成長して、次に繋がります。

大人は子どもたちがパニックになっている事を成長する過程と喜び見守ってあげてください。

*命に関わることは別ですけどね。

「正解」と「結果」

データの解析などが進み、ある程
度こうすれば正解というものが、
わかるようになりました。

テレビやネットでは、ある投手の
話がまだまだ話題となっています

未来のことにつては、誰もわかり
ません。そして、多くの人が、過
去の経験を元に練習をしています

しかし、過去が〇〇だったから、
今の選手が必ず〇〇をすれば、同
じ結果になるということはありま
せん。

それはスポーツは人がやることで
あって、全く同じ環境で、同じ人
が同じことをするとは、限らない
からです。

なので、選手たちにもそのことを
伝えることが大切ではないでしょ
うか?

これが正解とは限らない、でも
この選択が増えることで、結果が
変わってくる

そうすれば、選手たちの受け取り
方も変わってくるのではないでし
ょうか?

そして、考え方も変わっていきま
す。

皆さんも、そんな選択を選手に
委ねてみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑