「トップ選手」と「普通の選手」

最近Jリーガーの対談のYouTubeをよく見ていいます。
インタビューをしている人も元Jリーダーだったり日本代表だったりなので、
今と昔について語られていることが多いです。

それでも、
そんなことまで考えているんだな、
そこまでしてるんだなって言うのがよくわかります。

いろいろなレベルの選手たちと話をさせてもらいます。
トップ選手たちは細かい部分までやる習慣が身についています。
普通の選手たちは知ってるけどやっていない。
ということを感じています。

なんでやらないの?って聞くと
自分のことで精一杯と言う答えが多いです。
どこかで、「そんなことをやらなくても大丈夫」と感じている人も多いかと思います。

その差が勝ち残れるのかどうかになるのかと思います。

スポーツはカンニング(言い方が悪いですが)してもいいものです。
瞬間、瞬間でやることが多いので忘れることもあります。
やることを忘れないために仲間と話をしたり、
確認をしたりと常に細かい部分まで気を使い忘れないようにしてみてください。

自分への不安解消にもつながりますし、仲間のためにもなっていきます。
是非そんな習慣化意識して見てください。

「細かなゴール設定から大きなゴールへ」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は

 「細かなゴール設定から大きなゴールへ」

年齢が上がっていくにつれて、選手たちはクールに振る舞うことをカッコいいと感じることが多いのか、ゴール設定に現実みが出ててきます。

ゴール設定についても色々書かせていただいています。

今一度考えてみましょう。

彼らが言っているのは「目標」のことになると思います。

本当は「全国大会出場!」と大声で言いたいけれど、大会なのどの成績を考えたら恥ずかしくて言えない。だからその恥ずかし隠すためにクールに振る舞っています。

ゴールを口にすることで、自分自身に言い聞かせその言葉で身体が動き行動につながっていきます。

そして、それを聞いた周りの人たちも協力してくれるようになります。

そこでしっかりと目標を立てることで、ゴールにたどり着くことができます。

ゴールが決まったら、恥ずかしがらずに言い切る。
そしてそこに対して、目標を半年、1ヶ月、1週間、1日と立ててから練習をする。

そんな習慣を意識して練習をしてみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑