「自由」と「困惑」

「自由にやっていいよ」
「自由に発言して!」
と言うと、子どもたちは「やった!」と喜びますが、
「で、何する?」となって、なかなか事が進まない事があります。

なぜか、選択肢を子どもたちが持っていないからです。
練習でも、子どもたちに任せると、どこかでやった練習内容を

こなす方向になっていきます。

子どもたちの自由は、ある程度決められた中での自由であり、
自由だから新しいものを生み出していくと言うことにはなりません。

これは子どもたちは全て受け身の行動が「いい子ども」と
評価される事が多いからです。

コロナの休校期間、ある選手が
「普段、時間なったら授業が始まって、放課後になったら部活があり
帰ればご飯があり、全てが用意されていたことに気づきました。
休校期間中は自分で考えて行動しないと、何もしないで1日が
終わってしまう事もありました。」
と言っていました。

時間に自由が生まれる中で、何をするか考えると言う作業が
大変だと気づき困惑したことを教えてくれました。

子どもたちが自由にできていると感じる事が

大きな成長と豊かな発想ができるようになります。
その枠を大人がどこまで広げるのか縮めるのかが
ポイントになっていくとおもいます。

みなさんの周りの子どもたちは自由な発想で活動できていますか?

「ストレス」と「自由」

休校が始まり10日が過ぎようとしています。
私が知っている中学生は「この休みをどうやってすごそうかな」と楽しみしていたそうです。
先週末にあったとき「2日間で飽きた」と言っていました。

「自由」になんでもできる!って思うとワクワクします。
しかし、自分の思っていたことをしてしまうと、「ストレス」に感じているようです。

通常の生活には、いろいろなルールがあり、誰かが決めたゴールや目標に向けて生活をしています。
制限があるなかでの「自由」しか経験がないので、今の現状は、何をしていいのかわからないと言う状態になり「ストレス」になるのかと思います。

そこで、「ストレス」と「自由」についてのしつもんです。
Q1:どんな環境があなたを安心させてくれますか?

Q2:嫌なことからの学びは何ですか?

Q3:自由にはどんないいことがありますか?

Q4:自由にはどんなよくないことがありますか?

この休校期間で感じていることを考えてみてください。

「自由」と「選択」

チームに急遽呼ばれて体幹トレーニング指導をしてきました。
メンタルの仕事もしていますが、運動指導もしているますので、こっち本業だったりします(笑)

監督さんは、「なるべく選手に考えさせたい。選手主導でやっていきたい。」と言っています。

最近のトレンドをしっかりとキャッチして指導されているのかな。と思い練習を見学していました。

しかし、練習が進むといつの間にかだらけてしまったり、自分の順番が来ないと他の選手と話をしていました。

自由とは何かをものすごく考えられました。

自由にやると言うことは、考えがあってできることです。
そしてそこには責任が生まれます。自分自身で成長をしていくための行動になります。

しかし、何をしていいのかわからない状態で自由にしていいよと言ってもただ遊んでいるだけになります。

そうするか?

それは、選択肢を用意しておくことです。

自由にやるのは大切だと思います。

難しいのであれば、例をあげてあげること。
そして、そこから他に考えれることはない?と問いかけてください。
きっと新しい発想が生まれると思います。

その発想を大事にしてあげることで、自由にしっかりと練習ができるのだと思います。

経験がなければ考えることも発想することもできません。

まずは、色々な経験をさせてそこから選択をできるように導いてあげてください。

「考えた行動」と「勘違い」

私が行なっているチームや、運動教室では「考えて行動する」ということを意識して指導しています。

その中で、時折選手が「勘違い」して練習に望む事があります。

勘違いとは、
好き勝手にやっていいと思い込む事で、そこにルールがないという事です。

その時決まっていうことは、「スポーツはルールがあるから成り立っています。」

すると選手たちは、「あれ?って思って考えてくれます。」

考えた行動とは、
ルールの中で考え行動するという事。

チームには監督やスタッフがいます。選手はなぜこういった人たちがいるのかを考えなければ行けません。
ちなみにテニスの個人種目はコーチはいますが監督はいません。
なぜか?
テニスはベンチに入れるのは選手だけだからです。

スポーツによって違いがあるにしても必要だからその立場の人がいます。

自由な発想はものすごく大事です。
そこから、どうルールと結びつけていくのか?
さらに考える事で、選手として大きな成長があると思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑