「飛び込む」と「飛び込まない」

私が行なっている運動教室などは有料です。
なので、参加するしないは、参加者の気持ちに委ねられます。

以前、上級生と上手くできるか心配です。と保護者の方が行ってきたことがありました。

その時は、上級生はこの子に対してコミュニケーションを取ろうとしていました。
でも、その子はその行動に気がつくことなくやめてしまいました。

1番にやりたいことが何だったのか?

技術習得の場所で、みんなが上を目指している場所です。

ここで練習していけば、2学年上の選手たちのスピード、パワーに慣れることで自分の学校での活躍ができるチャンスだったのにちょっと残念でした。

さて、皆さんはどう考えますか?

池の底欲しいものが落ちているのが見えています。

水の中に入っていけば取れるのに、水が冷たい、泥が嫌と言って眺めていますか?
それとも、池に飛び込んで欲しいものをつかみますか?

選手たちが頑張ろうと意思表示をすれば、保護者の方や周りの大人が池の淵までお手伝いしてくれます。そこからは、選手自身が何を1番に考えるかになります。

頑張ろうと言う意思はどのぐらいの意思なのか?

ぜひ選手たちと話し合ってみてください。

最近私の周りには、やるって言いながら、池の水に少しだけ触れて入らない選手を見かけることが多くなってきました。
本当はやりたくなかったのかな?
この先スポーツやめてしまうのかな?
といろんなことを想像してしまいます。

自分から入っていく勇気を持ってスポーツに臨んでください。
入るっていく経験は今後大きな成長になります。

「今」と「未来」

多くのチームは、かなり難しいゴールを設定しています。
中学生は、先輩たちが目指していたからって言うのが多いのかもしれません。
高校生になると、ゴール設定はとりあえず的なものになり、実際はそこに向かう行動はしていないことが多いです。

なぜ?っていつも思います。

大会を経験するごとに修正することは悪いことではありません。
学生の時間は限られているのに、無理なゴールを追いかけても、最後に残るのは愚痴鹿残らないように感じます。

こんな風に思っている部分と、

「未来は変えられない」

と考えている部分があります。

「えっ?」

思うかもしれません。

未来を想像しなければ、そこに向かうことは出来ません。しかし、想像しているだけでもそこにはいけません。

ではどうしたらいいのか?

私は結果が悪い時に考えるのは、「あの時、〇〇していなかったからなのかな」と思います。

そして、自分に問いかけます。

「今の行動は大丈夫か?」

ゴール設定や、目標設定の話を、よく話をします。

そこで、結果が出ないないのはなぜか?って考えると「今」の行動なんです。

だから、「今」未来のための行動ができているかどうが大切です。

私自身まだまだ残念な行動が多いです。

それは成果が出た時に喜んで行動を止めてしまうことがあるからです。

いろんな選手たち、スタッフと、保護者と話をして自分も振り返りをさせていただいています。

本当に感謝しています。

皆さんも「未来をかえる!」「思い通りの未来にするために」今の行動を振り返ってみてください。

「無意識」と「意識」

行動は全て自分の意思で選択をしています。

残念ながら、行動についてそこまで考えて行動をしている人はかなり少ないと思います。

なぜか?

普段から意識するということしていないからです。

例えば、「歩く」という行動
人は生まれながらに、歩くことを知っています。なので誰からも教えられることなく歩くことができるようになります。
この「歩く」という行動を意識して考えて歩いてみてください。
右手右足が一緒になっておかしくなると思います。

無意識でやっていることを意識して行うことで、その行動の理解が深まり、また無意識化することによって行動を理解したことになります。

理解ができると応用ができるようになります。

無意識化は、個人の行動だけに止まらず、チームでの行動にもあてはまります。

よく勝ちパターンとか負けパターンとか言っていうことがあると思います。
特に負けパターンは、自分たちの行動を無意識でやってしまっているので、理解ができていないので、流れなどの変化をつけるという応用ができていないからだと思います。

ぜひ、無意識に行なっていることを意識して行動してみてください。

「変えられるもの」と「変えられないもの」

台風の影響はどうだったでしょうか?
影響を受けた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

ラグビーのW杯には大きな影響をもたらしました。
その中で、かなりゴネた?チームがあったようですね。結果試合はしていましたが。

台風など、私たち人間にはどうしようもないものです。

そしてW杯ではそれらのことを考慮した書面を参加チームに送りしっかりとサインをもらっていたそうです。これらは「変えられないもの」です。

自然災害、変更できない決定事項ここに力を注いでも何も変わりません。
もし、自然災害を受け止め他のことに力を注いでいたら結果が変わっていたかもしれませんね。

中止になったチームの中には、現実を受け止め、「変えられる」今の行動を考え、土砂やゴミ拾いなどボランティアを行なったチームもあるそうです。


紳士のスポーツと言われるラグビーだけあって、こういった行為で素晴らしい!隣、感動がうまれ、応援という力が自分たちの力になって行くと思います。

災害で考える大きくなりますが、自分たちのスポーツに置き換えるとどうでしょうか?
ミスをいつまでも引きずり、更にミスを繰り返すなんていうことがあると思います。

変えられるのは「今」何をすべきか考えて行動してみてください。

「考える」と「行動」

運動指導をしているときに、必ず子どもたち、選手同士で考える時間を設けています。

与えられて覚えるよりも、考えて覚えることの方が、忘れないですし、身につくのが早いからです。

そして自分で考え行なったことができた時、それが自信につながっていきます。

時には間違った方向に進むこともありますが、そこは間違えたと言う答えを知ることになります。

スポーツの現場で、必ずこれをやれば勝てる、優勝できると言うことはありません。

だから、考えることが必要です。

それは監督はもちろんですが、選手も必要です。

だからこそ、常に考えると言うことをしないといざと言う時に対応ができなくなります。

簡単なことで、いいです。
前向きでやったことを後ろ向きに、右に動いたのを同じように左に動くなどぜひやってみてください。

「反発」と「成長」

幼稚園児から高校生まで運動指導をしています。

運動教室で、幼稚園児から小学校低学年ぐらいまでは、少し反発をしますが、素直に成長する過程だと受け入れることができます。

しかし小学校高学年から中学、高校生になると、反発を表に出さずに、素直に聞いているフリをしています。

また、「いい選手は素直であること」と教わってきましたが、最近少し疑問を持っています。

反発すると言うことは、理由がありそれが自分の思いにそぐわないからでる行動だと思います。
なので、「考える」と言うことをしています。

低学年では、これを瞬時に行い、感覚的に行動に移しています。
これはすごいことであり、この年代の成長はものすごいものだと思います。

年齢を重ねるにつれて、考えないで、これはいい、これが嫌時には自分の嫌と言う感情を出さないで従うと言うことをしていきます。

すると人としての成長はどうなるのでしょうか?

成長を止めてないでしょうか?

大きな反発、小さな反発色々あると思います。
大人はそれを頭ごなしに否定するのではなく、成長している考えていると喜び、お互いに良い方向へ向かうことが大切だと思います。

みなさんの行動が選手、子どもたちを大きく成長させます。
考えてみてください。

「考えた行動」と「勘違い」

私が行なっているチームや、運動教室では「考えて行動する」ということを意識して指導しています。

その中で、時折選手が「勘違い」して練習に望む事があります。

勘違いとは、
好き勝手にやっていいと思い込む事で、そこにルールがないという事です。

その時決まっていうことは、「スポーツはルールがあるから成り立っています。」

すると選手たちは、「あれ?って思って考えてくれます。」

考えた行動とは、
ルールの中で考え行動するという事。

チームには監督やスタッフがいます。選手はなぜこういった人たちがいるのかを考えなければ行けません。
ちなみにテニスの個人種目はコーチはいますが監督はいません。
なぜか?
テニスはベンチに入れるのは選手だけだからです。

スポーツによって違いがあるにしても必要だからその立場の人がいます。

自由な発想はものすごく大事です。
そこから、どうルールと結びつけていくのか?
さらに考える事で、選手として大きな成長があると思います。

「強さ」と「整頓」

強いチームは、整理整頓ができています。

しかし、整理整頓ができているから強いとは限りません。

なぜか?

それは、日常生活とスポーツがリンクしているからです。

自分たちの動きが整理されていれば、スポーツでも単純化され動くことに迷いがなくなります。

だから、日常から身の回りの整理整頓を伝えている指導者が多いと思います。

残念なのは、その意図までが伝わりきれていないこと。

選手が「これをやっておけばいいんでしょ。」

こうなると成長は止まってしまいます。

そんな時は、「なんのためにやっているんだろう?」「スポーツと繋がるところはどこがあると思う?」と選手に聞いてみてください。

つながりをしっかり考えて行動している選手か?やらさせれている選手がわかると思います。

「素直な気持ち」と「行動」

メンタルトレーナー仲間に自分のチームのメンタルトレーニングをお願いしました。

終わった時の感想が、「選手たちすごく素直ですね」でした。

良い選手の条件として、「素直であること」をあげている指導者がいました。

素直って言葉はとてもいい言葉なんですが、スポーツ選手にとって良い言葉なのか?少し疑問に思っています。もしかしたら、指導者が楽をするために素直にさせているのかもしれません。

確かに指導者の言うことをなんでも聞く選手は楽ですし、成長も速いと思います。
しかし、試合の大事な局面では対応できないと言うことがあります。

それは素直すぎて、そして信じすぎているから、自分で考えられなくなり、行動ができなくなってしまうからです。

あなたの周りにいる選手、お子さんは素直ですか?

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑