「保護者」と「応援」

浜松地区は、現在新人戦の真っ只中!
バレーボールを始め、テニスに陸上など関わった選手から結果が届き始めました。

私自身今年は、バレーボールチームに帯同しているので、
トレーニングに来ている選手の応援に行けないのが残念です。

さて、バレーボール会場でよくある、保護者の応援なんですが、
あるチームの保護者が、まるで監督のように、
「〇〇のボールじゃん!」「足動かして!」「なんでできないの!」「早くして!」
とギャラリーから言葉をかけていました。
保護者の方が経験者だとよりそのような傾向があるようです。
監督の言葉もそうですが、
選手たちは、ミスしたことを認識しています。
なので、そこをあえて大声で言う必要性はないと思っています。
ミスしたことを指摘するよりも、次どうしたらいいのかを考えさせる
言葉の方が大切だと考えます。

もし繰り返しミスをするのであれば、それはプレイの理解度が
低いと言うことになります。
できないことは、反復練習をして身につけますよね。
試合でできないのであれば、
それは次の練習での課題として把握することが大事です。

私の帯同しているチームでは、練習でできないことは求めない。
でも、試合相手や今後のことを考えると、公式戦でやって欲しいことが出てきます。
そこで「公式戦でできるかできないか確認しよう!」と言っています。
選手は公式戦で挑戦してくれます。
しかし、選手にもよりますが、できる選手とできない選手が出てきます。

できない選手には、
「練習でやってないからできないのは仕方ない。次の大会に向けての課題だからね。」
と伝え今の現状を把握させています。

そうすることで、練習でやることがはっきりしてきます。

言葉のかけ方で、
萎縮してしまうこともあれば、のびのびプレイすることもあります。

ぜひ、子どもたちを応援する際には言葉に気をつけて応援してあげてください。

「信用」と「信頼」

言葉のチョイスを考えていた時に、
「信頼してるよ!」と言うべきか「信用してるよ!」と言うべきか
と頭の中に浮かびました。

そこで、何が違うんだ?と調べてみました。

信用・・・過去の実績から相手を信じること
信頼・・・未来の行動に対して相手を頼ること

調べてみて、今ままであんまり考えてなかったと反省しました。(笑)

過去と未来の行動では大きく違うと思います。
大会に向けて練習したことは信用して
大会に対してプレイできるのは選手になるので信頼する
と言うことになると思います。

大会を見ていて、いまだに怒鳴っている指導者がいます。
自分の行って来た練習を信用していない、
そして選手のプレイも信頼していない。
だから、怒りという感情が出てくるのではないでしょうか?

信用と信頼、行動にするとものすごく難しいものだと感じています。

みなさんは、お子さんや、選手の
どんな時に信用して、どんな時に信頼していますか?

「言葉」と「行動」

あるチームのミーティングの相談を受けました。
話を聞きながら、こんな質問はどうですか?
この部分の質問では、選手たちのこんな部分が分かりますよ。
など、アドバイスをさせていただきました。

後日、監督さんから、ミーティングの様子を報告してくださいました。
その中で選手たちの答えで、「サポートします」という言葉があり、
大変気になりました。

監督さんの考えたことは細かく書いてありましたが、

選手の言葉から行動に移すことができない原因がここにあることに
気づいていないと感じました。

例えば
選手が「これから〇〇として仲間のサポートを頑張ります。」

と言うと
監督は「協力して頑張ろう」
で会話が成立します。そしてお互いが満足できる答えになると思います。

しかし「サポート」と言う言葉の中にはいろんな行動があり、
そこが明確になっていなければ、行動に移っていくことができません。

多くの人が、このように言葉で行動をごまして、その場を収めてしまい
実際に、その場面が来た時にスムーズに行動を移すことができなくなっています。

監督さんは自分自身の経験から、自分の思いややるべきことを細かく書き出して
いました。
しかし、選手の話になると、選手からでた言葉で安心してしまい、
ごまかされたのだと思います。

私なら「で、どんなサポートができるの?」

と、もう一歩突っ込んで行動の話が出てくるまで話をします。

そんな話ことを送り返すと、
監督は、
「だから同じことを繰り返しミスをしたり、
気遣いができなかったりしているんですね。」
と返信いただきました。

行動をごまかすための言葉はたくさんあります。
ぜひみなさんも、言葉と行動について考えてみてください。

「言葉」と「指導」

たまたま、学校の先生に用があって学校に行こうと連絡をとったら、
「練習試合に行っているので、そちらにきてください。
できたら選手たちにアドバイスお願いします。」
と話を頂いたので、練習試合を見学してきました。

ここ数年中学生のいろいろな種目の試合や練習試合を見学させてもらって
いましたが、久しぶりに昭和的な指導をみました。

数年前、小学生に対して罵声を飛ばしている指導者を見て
頭が痛くなり目的の試合を見る事ができなかった事がありました。

そこから数年、罵声をする指導者は減ってきているかなと思っていました。

残念ながら、
試合中、コートの中で選手の近くに立ち、
脅迫のような言葉を使い、
チームの失点は、関係ないところでも、
その選手のせいにしていました。

帰り際に、選手に話をする機会をいただけたので
「スポーツ楽しいですか?」と聞くと
「楽しいです!」
と答えてくれた選手を見ていると、
涙が出そうなりました。

少し前に問題になった体操選手とコーチの関係なのか?
私が、中学の時(30年以上前ですが)は当たり前風景では、
さらには手が出たり足が出たりしていました。

今でも指導に関わっていることを考えれば、その経験や思い出は
ありますが、それ以上に勝った事が良い思い出になっているのかも
しれないですし、そのいい思い出を選手たちに感じてもらいたい
と思っているのかもしれません。

しかし、今それらのことはしてはいけないことです。
そして、言葉の暴力も考えなければいけない事だと思っています。

中々変われない部活の指導ですが、
勝ったチームが強く、正しいのであれば、
今自分が目指している指導法で、勝つチームを作っていかないと
いけないと感じています。

部活になると人が変わる先生もいると聞きます。

部活のシステムが変わってきているのに、
指導者がついて行けていない現状は
残念で仕方ないと思いました。

「言葉」と「影響」

一つブログ書いて、全てを消しました。

記事をみていると、何かに攻撃をしているような感じたからです。

このコロナの影響はあまり受けていないつもりですが、

毎日、マイナス的なニュースばかりが入ってきている

影響なのかなって感じています。

言葉の影響は行動を大きく左右します。

トップ選手が、いつの時代からかインタビューで

「次の大会は自分なりに楽しんできます。」
「戦うことが楽しみです。」

と言う言葉が、当たり前になっていますが、

一昔前は

「がんばります」
「○○のために」

と言う言葉が多く用いられています。

一時低迷していた種目も、
こんな言葉で回復して
世界一になった種目もあります。

がんばると言う言葉は、歯を食いしばりることをイメージしやすいです。


練習通り試合に臨むためには、

少しの余裕がなければ体や頭がついていかなくなります。

だから楽しむというキーワードが出てきているのではないでしょうか。

不安を煽る記事やニュースが飛び交っていますが、
自分の言葉など振り返っていただき影響がでているのか?
影響がでていないのか?を確認していただき、
普通の日常に戻る前に自分自身も元に戻る準備をしてみてください。

「言葉」と「解釈」

最近は毎朝、ニュースやワイドショーを見ながら、ブログを書いています。
ほとんどがコロナか議員さんたちの発言の話ばかりですが、
番組によって「解釈」の違いがあるのかなってって感じています。

国会議員さんは頭がいい人、官僚も頭がいい人、と私は「解釈」しています。

そんな頭のいい人たちが「解釈」の違いで言い合いをしているのを見て
自分の使っている「言葉」はしっかりと伝わっているだろうか?
そんな危機感を覚えました。

「解釈」は人それぞれです。
なので、その「解釈」は間違っていると直すことはしません。
逆に伝える側が、このことを伝わっていないと
認識して直さなければいけないと思っています。

特に子どもたちと関わると、ものすごく自由な発想で考えています。
それに合わせるためには、どうしたら伝わるのかを考えないといけないですよね。

「言葉」の共有化をしっかりなされないと


「何度いったらわかるんだ!」「言ってるだろ!」


「言われたことやってるのに」「言ってることわかんない」


と言うことになります。

みなさんも使っている言葉が相手に伝わっているのか考えて見てくださいね。

「チームワーク」と「チームワーク」

私のところに来ている選手たちに、数ヶ月(選手によっては毎回やっている選手も)に1回聞いている事があります。

それは
「大切にしていることは何ですか?」
です。
何もないところで聞くと時間がかかってしまうので、32個代表的な価値観と言われている言葉を表にして選んでもらいます。
先日、チームでやった時「チームワーク」と言った選手が2名いました。
選んだ後に、それはどんな意味で選んだの?と聞くと

一人は、
「いつも一緒にいることでチームワークが高まるから、普段の生活でも意識したい。」

もう一人は、
「今日ここで集まった選手は自分と学校が違う。だからコミュニケーションをとってチームワークを意識して練習したい。」

選手が考えていることは、話をしなければわかりません。このように同じキーワードであって思っている事が違います。

同じ言葉を使っても思っている事が違えば、行動が変わって来ます。

このようなすれ違いをなくすためにも、話し合い、単語の意味まで深めてみてください。

この休みの期間、自分がよく使う言葉、キーワードを出してみて、その意味はどんなことをさしているのかを文字化してみてください。

「嘘」と「本当」


今日は4月1日、エイプリールフールです。
なので、ちょっと「嘘」について書いてみます。
みなさんは自分自身に「嘘」をついたことがありますか?

ゴール設定や目標について書くことが多いですが、
自分のゴールって、そこに到達しなければ「嘘」になるのと思います。
でも、その「嘘」は誰も否定しません。
「嘘」をついていても、そこに向かって行動していれば賞賛されることもあります。

最近、選手たちに「言葉が耳からは脳に入って反応ができるようになる。言葉を口にしないで脳だけ考えていると体は動かない。」と伝えています。

「嘘」でもいいから言い続けることが「本当」になっていきます。

やる気が出ない時、すこしの空元気(嘘)でやる気があがることができます。ご褒美が無理と思っても(嘘)でもあると考えるとワクワクします。

変な?悪い?嘘ではなく、
自分にいい嘘をついて、行動をするようにしてみてください。
みなさんも、選手やお子さんがいい嘘をついて行動できているのか見極めて応援してあげてください。

「言葉」と「行動」


今、なかなか人に会いづらい状況ではありますが、人と話をしていますか?
最近、娘の独り言が多くなっていると感じています。

誰かに聞いて欲しいのか、動くために喋っているのかはわかりませんが、休校から春休みになり人と話をする時間がへっているのかなと思っています。

週末の練習で言葉やコミュニケーションについて選手と話をしました。
翌日テレビで、元サッカー日本代表の前園選手が、デフフットサル女子日本代表選手と練習の様子がとりあげれていました。

デフとは聴覚障害のことです。

音が聞こえないということはかなり怖さを感じると思います。
前園選手は無意識で、手を叩いたり、思わず声がでたりしていました。

プレイ中に声を出すことはすごく大変です。
言葉があるからこそ行動しやすいことも選手たちはわかっていると思います。
でも、できない、やらないのはなぜか?

言葉は当たり前にのことであって、行動も言われなくてもわかっている。
という思いがあるからなのではないでしょうか。

そこで、言葉から行動をする。仲間の声に頼る。
このような経験をすれば、今までどうだったのかを確認することができます。

自分の思っていることが必ずしも正解ではありません。

そこで仲間からの声で選択肢がふえて正解に近づくことができます。

そんな言葉かけから行動を考えてみてください。

「言葉を駆使しモチベーションアップ」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「言葉を駆使しモチベーションアップ」

しつもんや、ペップトークなどを学んでいくと、改めて日本語の難しさを感じています。

みなさんはどんな言葉を使っていますか?

学生時代、あまり国語が得意ではありませんでした。社会人になっても変な日本語使っていないっていわれたこともありました。

スポーツクラブに努めたときに同僚に文章の添削をしてもらい後輩たちの文章をみるようになり、言葉の大切さに気づきました。

さて、モチベーションアップをさせるポイントです。
・目の前のことを見てあげる
 できているできていないは関係ありません。

・そこに対してどんな行動をしてきたのかの確認
 そこで、できたことに対して「認める」「褒める」「喜ぶ」を使い分ける。

・次への課題を考える
 できたと思うことで次につながっていきます。

大きなゴールを目指すにもまず足下を大切にして、一歩一歩進まなければいけません。
その都度、選手の成長、課題のクリアを一緒に確認してあげてください。

選手たちは、自分の成長を見て欲しいです。

このタイミングを逃さないように言葉をしっかりかけれあげてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑