「素直」と「認める」

選手たちと話をしていると、なるほどって素直に認めてながら聞いている部分と、おれは違うけどねって聞いている選手が出てきます。

私の喋っていることに対してこう言った反応は全然問題ありません。

話の時にしつもんする時があります。
その時答えが複数でるように、他には?って聞きます。

すると選手たちの答えに矛盾が生まれることがあります。

そこで、「あれ?何かおかしい!」と気づきを認める、修正することが大事だと思います。

しかし、一つの競技しかしてこなかった選手たちや、大人との関わりが少ない選手は素直になりすぎて、自分の矛盾していることを認めようとしません。

そうなると、変化、成長が難しくなります。

ここで、いろんな視点のから説明してあげることが大切になります。

そこには、選手の考え方を認める部分。全く逆の発想の案。そして自分の案。など様々な角度からの説明が大切になります。

その中でさらに別の案がないか一緒に考えてみることで、矛盾に気がつき考え方に変化がでてくると思います。

選択肢を奪わないようにしつつ、いろんな案を提示や一緒に考えてみてください。

そうすることで、考え方が柔軟になっていき、人の案に自分なりの解釈で自分が成長していくヒントに変えていくと思います。

「言葉を駆使しモチベーションアップ」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「言葉を駆使しモチベーションアップ」

しつもんや、ペップトークなどを学んでいくと、改めて日本語の難しさを感じています。

みなさんはどんな言葉を使っていますか?

学生時代、あまり国語が得意ではありませんでした。社会人になっても変な日本語使っていないっていわれたこともありました。

スポーツクラブに努めたときに同僚に文章の添削をしてもらい後輩たちの文章をみるようになり、言葉の大切さに気づきました。

さて、モチベーションアップをさせるポイントです。
・目の前のことを見てあげる
 できているできていないは関係ありません。

・そこに対してどんな行動をしてきたのかの確認
 そこで、できたことに対して「認める」「褒める」「喜ぶ」を使い分ける。

・次への課題を考える
 できたと思うことで次につながっていきます。

大きなゴールを目指すにもまず足下を大切にして、一歩一歩進まなければいけません。
その都度、選手の成長、課題のクリアを一緒に確認してあげてください。

選手たちは、自分の成長を見て欲しいです。

このタイミングを逃さないように言葉をしっかりかけれあげてください。

 「大会」と「発表会」

 メンタルの仕事をさせてもらう
ようになり、いろんなスポーツを
知り選手と関わることができるよ
うになりました。

 保護者から子どもの様子を聞く
なかで、こんな話を伺いました。

お姉さんは新体操、妹はクラシッ
クバレエをやっているそうです。

お姉さんが、妹の発表会を見終え
た時、ぼそっと「いいなぁ」って
言ったそうです。

お母さんが「なんで?」って聞く
とお姉さんは「私も一生懸命やっ
てるけど、優勝はできない。でも
妹は、どんな役でも発表会が終わ
るとみんなからよかったね、がん
ばったねって花束もらえるから、
なんかうらやましかった。」

お母さんはこの時、「なんで、
競技スポーツをさせてしまったん
だろう」と後悔したそうです。

子どもにとって、大会も発表会も
やることは同じで、プレッシャー
のかかり方もそれほど代わりはな
いと思います。しかしそのこに勝
ち負けという結果を気にすると、
一気にプレッシャーが跳ね上がり
ます。
自分のやることをしっかりこなす
それはレギュラーとして仕事も、
たとえレギュラーでなくても、
役割を果たすことができたら、
結果に関わらず、選手を認めてあ
げてください。

そこが自信につながり、選手のや
る気が増していきます。
大会でもやるべきことが何かを明
確にして、できたことを認めてあ
げてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑