「遊び」と「集中力」

いろいろな指導者と話をすることがあります。

そこで、「練習で集中力がない」「選手のモチベーションが低い」という指導者の方がいらっしゃいます。

なぜか?

部活が自由化になり、中学生はこう行った選手はだんだん少なくなると思います。
まだ、「友達がやっているから」「何かやらないと行けないから」と最初の動機スポーツと関係ないところか始まっているからです。

その状態だと、1時間もしないうちに飽きてしまいます。
それを怒るなどして無理やり元の状態に戻す。こんなやり方がまだまだ見られます。

子どもたちは遊びになると夢中になります。

その集中力は素晴らしいです。
声をかけても気づかないというぐらいに入り込むこともあります。

スポーツで言えば、ゾーンに入っている。状態ではないでしょうか?

なんとなく気づいていただけたでしょうか?

いやいややって無理やり集中させてもゾーンに入ることはできないと思います。

スポーツはもともと遊びからの発展です。
であるのであれば、それぞれやっているスポーツを分解して、部分部分で遊ばせて見てはどうでしょうか?そして単に遊ぶのではなく、自分自身と競わせることが大事です。

遊び感覚で自分に少しでも勝っていく事で集中力が上がり、成長が加速していくと思います。

厳しさでやるスポーツは指導者のためのスポーツです。
選手がどう判断するかを委ねて、それがいい方向に向かうために指導者が考えて行動して見てください。

「自分でやるか」と「やらされるか」

小中学生の教室をやっていると、参加者のやる気に波があります。

それは、生活をしていていろんな感情があるからだから仕方ないと思っています。

しかし、ここでどう切り替えれるかが大事だと思います。

私の中で指導とは「気づきを与えること」で、教えることではないと思っています。

なので、じっと選手たちを見ていることが多いですし、選手たちは遊びに走ってしまうことがあります。

遊びになっても、そこからの学びがあればいいと思います。気づくこと大事。

大体、他の指導者がしびれを切らして、手をかけてしまいますけどね。

この時、選手たちには、「自分からやる!」って決めることが大事だと伝えます。選手たちの生活のほとんどが、「やらされている」状態です。

だからスポーツを行うときは常に自分から行動してほしいと思います。

自分が好きで楽しい場所、だから自分から行動するところにスポーツがなってほしいと思います。

「才能」と「センス」

スポーツ選手の中で、好きな
選手にサッカーの小野伸二選手
がいます。

ここ数年は、怪我などもあり、
なかなか試合に出れていないよう
ですが、彼のプレイをみていると
とても驚かされ、そして彼がボー
ルを持つとワクワクします。

スポーツは遊びから発展したもの
です。だからこういった楽しさが
必要だと思います。

 

強いチームに所属していたり、
エースとして活躍している選手が
行えば「才能ある」「センスがい
い」なんて言われると思います。

 

しかし普通のチーム?だと
「そんなプレイするな!」
「ふざけ半分でやるな!」
などと言われることがあると思い
ます。

だんだんこう言った指導は少なく
なってきていると思います。

考える力は「遊びの楽しい」とい
う感情があるから生まれてきます。

いろんなプレイが挑戦できる環境
を整えてあげて、才能やセンスあ
る選手の育成をしていきましょう。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑