「信用」と「信頼」

言葉のチョイスを考えていた時に、
「信頼してるよ!」と言うべきか「信用してるよ!」と言うべきか
と頭の中に浮かびました。

そこで、何が違うんだ?と調べてみました。

信用・・・過去の実績から相手を信じること
信頼・・・未来の行動に対して相手を頼ること

調べてみて、今ままであんまり考えてなかったと反省しました。(笑)

過去と未来の行動では大きく違うと思います。
大会に向けて練習したことは信用して
大会に対してプレイできるのは選手になるので信頼する
と言うことになると思います。

大会を見ていて、いまだに怒鳴っている指導者がいます。
自分の行って来た練習を信用していない、
そして選手のプレイも信頼していない。
だから、怒りという感情が出てくるのではないでしょうか?

信用と信頼、行動にするとものすごく難しいものだと感じています。

みなさんは、お子さんや、選手の
どんな時に信用して、どんな時に信頼していますか?

「過去に執着せず、前向きに」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「過去に執着せず、前向きに」

1年間続いた、こちらの企画も次の方にバトンタッチとなりました。

いろいろ難しいタイミングですがぜひお読みください。

ある保護者から
「引退後、仲のいいことたちが集まって練習しているみたいだけど、それって楽しいだけで練習になるのかな?
宮野さんのところに行かせているのは楽しいだけでない部分を感じて欲しいかなんですけど。」

と話をいただいたことがあります。

楽しい=遊び

遊びは、単にそれ自身が楽しいものだそうです。

ある程度規制をかけて、指導者からのメッセージや成長を感じれるのものが練習になるそうです。

先日高校生たちの自主練をしている姿をみました。
そこでは、ゲーム形式は楽しんでやっていましたが、所々で筋トレを入れてみたり、自分たちで罰ゲーム的なトレーニングを組み込んだりしていました。

この違いは何か?

未来を想像してやっているかどうかになると思います。

よくみてみると、トレーニングをやっていたのは、県トップを目指している選手で、ただ身体を動かしたいだけの選手はトレーニングをしていませんでした。

近い未来、遠い未来をしっかりと考えていけば、今を大切にすることができます。

この春休みにしっかりと未来を考えて、これからの行動に活かしてみてください。

「当たり前」と「経験」

基礎とは過去の経験から成り立っています。

しかし、過去の物は過去のものであり、当たり前だと思っていることが当たり前にならなくなっていく時が出てると思うことが大切です。
(ここでの経験とは、10年、20年前の人たちのやっていたことをさします。)

スポーツだけでなく、いろいろな物が日々進化、変化しています。

その中で、基礎って言うものが変わらないとのなぜでしょうか?

大きく変わろうとしている時に、「基礎の考え方」から抜け出さないといつまでたっても変わることができません。

私が中学の時、スポーツで水を飲むのはダメでした。

しかし当時の監督はシステムもそうでしたが、トレーニングや、身体のメンテナンスに関しても最新のも取り入れていました。

なので、今では当たり前の水分補給をこまめに行わせてくださいました。

当たり前を当たり前と思わず、過去の経験も踏まえながら未来を想像することが大事です。

そして、今何をすべきかを選手とともに考えてみてください。

「未来」と「過去」

先日、学校の先生方との懇親会で
ある先生が、「未来も過去も変え
られないから、子どもたちの今と
向き合う様にしています。」

と言っていたのが印象的でした。

ゴール設定の話は、メンタルトレ
ーニングでも必ず話をします。

目指すべきところは、あるべきだ
と思います。

過去の経験を活かそうとし
なければ、今の行動も同じことの
繰り返しとなり、未来(結果)は
ただ思い描いているだけになり、
ゴールには辿りつくことはできま
せん。

そして、目標だけが高すぎても
行動ができなくなってしまうこと
もあります。

それは、目標だけをみてしまって
今何をすべきなのかがわかってい
ないということになります。

ゴールを決めて、
目標を立てて、
今やるべき事、
今クリアできる目標をしっかりと
行う。

自然と成長ができ、ゴールに近づ
けれると思います。

みなさんの行動は、今を大切にし
た行動ですか?

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑