「ミス」と「成長」

今日の朝の話です。
浜松は朝から雨が降っていて、娘たちは自転車通学なので、
カッパを着て準備をしています。
しかし上の子は、このぐらいの雨ならズボン履かなくても
いい、強くなってもすぐ履けるからと
ズボンを履こうとしません。

嫁さんは、もう諦めたようでしたが、
カッパのズボンをたたんでいる娘に、
私が「はかないの?」って言うと
不機嫌そうにズボンを履いて学校に向かいました。

それをみていた下の娘は、何も言わずに、上下カッパを着て
出て行きました。

大体、雨の日はこんなやりとりしています。(笑)

そして、私や嫁、祖父母が口出しをしてカッパを
きさせています。

びしょ濡れで学校に行って、着替えるの大変だろうし
風邪をひいても何て考えているからと言う思いがあるからです。

本人そんな辛い経験をする前に止められてしまうので、
自分が思ったことをやったらどうなるか予想がつかないんでしょう。

一度こう言った経験をさせてあげて
ミスから(ミスになるかわかりませんが)学びを得ることが
次に繋がり考え方の成長につながるのかなって
送り出してから思いました。

スポーツでも、大人が結果を予想しながら指導していると
やってみたら?って発想でなく、それは違うから!と経験せずに
やらせないことが多くあると思います。
やらなければわからないことはたくさんあります。

みなさんもどんな子どもたちにどんな経験をしてもらい
学んでもらいたいと思っていますか?
そこがわかると、成長のための行動ができてくると思います。

「選択」と「正解」

負けるための選択をしていると言う話を以前こちらのメルマガにも書いたと思います。
昨日それが目に見えてわかることがおきました。

スポーツは結果があって、
その選択が正しかったのか、どうなのかがわかります。
なので、選択し、行動をした時には、
みんな正しいと思って行動をしています。

そして、人の思考には癖があります。
負け続けている人たちの選択にはその癖が影響して、
負ける方を選んでいると言うことがあります。

昨日起きた出来事は、バレーのゲーム形式でプレイが途切れた時、
私がある選手に今のはどうだったのか?こうした方がいい?と
コート外から指導をしていました。

すると隣にいた選手が話しかけて、
指導していた選手は視線を話しかけてきた選手に移し、
そこで会話が始まろうとしていました。

この選択は、結果を見るまでもなく負けるための選択であり、
練習に来ているのではなく、遊びに来ていると考えます。

バレーボールはチームスポーツです。

話しかけた選手も悪ければ、
それを聞いた選手も悪し、
周りの選手も止めれないのも悪い
それら全てが負けるための行動をしていたことになります。
そのことにガッカリして練習を中止しました。

コミュニケーションの大切さを常に伝えていますが、
コミュニケーションをとるタイミングや内容がとて大事です。

ましてや指導者とのコミュニケーションに障害が生まれてくるので
あればそこはもはや無法地帯。

部活で、スポーツ経験のない方が顧問を行うことがあります。
結果どうなっていますか?
多くの保護者は、指導者を探すと思います。
それができないチームは、勝つことどころか、
チーム内の人間関係もまま、人のせいにしながら大会を終えていきます。

これから3月まで、学校や部活動が元に戻るために駆け足で進んでいきます。
そんな中、ついていけない選手は、
置いていかれることがあるかもしれません。
置いていかれないためにどんな選択や行動が必要なのか、話をしていただき、
選手がしっかりと正しい選択ができるように、
サポートしてあげてください。

「負ける行動」と「勝ちへの不安」

選手たちに時々「君たちは、負けるための選択や行動をしている」
と話をすることがあります。
すると、選手たちは「勝つためにやってるんですから、そんなわけない」
と言い切ります。

「じゃ〜、今の練習に対する行動は勝つための行動や選択をしていた?」
と聞くと
選手たちは「あっ!」と気付き、下を向きます。

集中力がかけている時によくこんな会話をします。

試合中に動けるはずなのに、動かない。
頭ではわかっているでも、体が動かない。
しかし、体は脳から指令を受けて動きます。
体が勝手に動くことはないのです。

たとえば、勝ってしまうと、厳しい戦いが続く練習も厳しくなる長い期間をやらなければいけなくなるだからこのポイントは取ってはいけないポイントうまくなってしまうと大変だからこのぐらいにしておこうなどなど
負けたい理由はたくさんあります。
しかし勝ちたい理由を聞くと答えは少ししかでません。

と言うことは、言葉では勝ちたいと思っているのに
脳では、負けるための理由をたくさん思い浮かべています。

やるべきこと、やるべき理由が少なければ不安になります。
逆に選択肢が多くてこれをすればいいと行動がわかっていれば安心します。
勝つこと=不安
になっていることは事実なのかもしれないですね。
不安に感じないため
そして、勝つための練習、行動をするために
選手と多くコミュニケーションをもってみてください。

「知ってる」と「知らない」

私が住んでいる浜松市では、今日から特別給付金の申請が始まりました。

朝、父親とこのことで書類を印刷していたら「新聞出てたよ」って少し教えてくれました。
私が言いたかったのは「申請書類を早く出して」でした。

情報取集ってとても大事です。
情報を知っていることで次への行動が生まれます。
しかし、情報を知らないと、情報を入れないと
行動はワンテンポもツーテンポも遅くなります。

私は選手たちに指導する時に
「なんでもいいからしゃべりなさい」と
伝えています。

これは、相手の情報や、仲間の情報、そして自分の情報を知ることに繋がるからです。

スポーツによって情報は異なってきますが、
これらのことをすることで、スムーズにプレイすることができます。
トップ選手たちはこれらのことを毎回繰り返して準備をしています。

是非、いろんな情報を自ら取りに行き、
その情報から何を選択するのかを考える癖をつけてみてください。

「やる」と「やらない」


行動に対しての選択肢は「やる」か「やらない」かの2択です。
そこに至る過程では、無数の選択肢があると思います。

最終判断となる選択権は自分がもっていて行動、実行しているということを知っていてください。

私のところに初めてくる小学生で何をしにきているのかを知らない子がいます。話を始めると、大人しくしていて全く話を聞いていないことがあります。
前情報が全くない中でメンタルトレーニングをやることはたくさんありますが、「その場にいる」と言う選択は本人がしています。

中学生になると、やりたいと言う気持ちがあるのに、「〇〇にいわれたから」「✖️✖️に誘われたから」と言い訳をしながら参加してきます。

自分の行動に責任を持ちなさい!
よく言われました。

でも、大人は実はこの責任を奪う行動しています。
「ちがうでしょ!」っていうことがないですか?

子どもたちがせっかく選択した行動を否定してしまえば、自分で選択をしなくなります。

そして責任って言うものがなくなっていきます。

どんなに小さな子どもでも、私たち大人が違っていると思っていも責任を育ててために、見守ってあげてください。

そして「やる」「やらない」の選択は自分が決定してると言う意識を植え付けることから責任が生まれてくると思います。

春休みになります。自由に行動ができる時間が多くなります。

この休み期間を利用して「やる」「やらない」の選択と責任について観察してみてください。

「選択」と「責任」

学校が休校でいろんな問題がでているようです。

公園で遊んでいる子どもたちをみて学校にクレームが入るそうです。

「家で大人しくしているようにしどうしてくれ!」と
しかし、休校を宣言した学校がそこまで指導するべきなのでしょうか?
家庭での話し合いでの結果であれば、責任は家庭になると思います。

と言うよりも、クレームを言う人たちは、
なぜ直接子どもたちに話しかけないのでしょうか?

ひとはいつのまにか「責任」をなすりつけることを「選択」しているのです。

部活では時々、「やらされている選手」をみることがあります。

いやならやらないという「選択」があります。

しかし「責任」からのがれるために、やらされているという感情を出して、不機嫌になります。

そこで自分自身の責任で選択することを考える今日のしつもん
Q1:今あなたにとって問題になっていることは何ですか?

Q1-a:その問題を抱えていると、なぜだめなんですか?

Q2:どんな環境だと自分の力を発揮できますか?

Q3:自分の力で変えられるものは何ですか?

「幸せ」と「選択」


少し前ですが、島田紳介さんとmisonoさんがYouTubeに出演したことが話題になりました。

その時島田紳介さんはmisonoさんに対して「幸せになる選択をしなさい」と言っていました。

人は幸せになるために選択して行動をしているはずなのです。でも幸せになることを怖がって、幸せになる選択ができない時があります。

幸せになるには、覚悟が必要です。その覚悟がないと、幸せになる選択ができなくなります。

スポーツでも、勝つために選択をしているようで、覚悟の大きさによって勝たない選択をすることがあります。

勝つと困ってしまうからです。
困るというのは、勝った時のイメージができていない。
どうしていいのかわからなくなってしまう。
周りの状況が変わってしまうと自分が大変になる。
このようなことがあげられるのではないでしょうか?

なので、無意識に勝つための選択をしなくなります。
勝った経験がある人、その先をみえているからもう一度味わいたいと感じて勝つための選択をして行動をします。

簡単に言ってしまえば「サボる」っていう行動ですね。全国大会出場と掲げていても覚悟を持っていない選手、チームは自分たちで自分を甘やかしサボるという行動をします。

みなさんの周りの選手、チームは幸せになる、勝つ覚悟をもっていますか?
そして、幸せになる選択をしていますか?

「楽しい」と「英語」

選手たちに「なんでこのスポーツしていますか?」としつもんをすると多くの選手が「楽しい」からと答えてくれます。
「どんなの時が楽しいの?」とさらに聞くと「試合で〇〇が決まった時」と言う答えが多いです。


時々練習が遊びになってしまうチームがあります。
そんな時「試合で練習してきたことができるから楽しいんだよね?今の練習で試合で楽しさがあじわうことができるかな?」と話をします。


あるチームに行った時の話です。監督さんが英語の先生でこんな話を選手たちにしていました。「「楽しい」って言う言葉は英語だとたくさんあるんだよ。「pleasant」「enjoy」「happy」「cheerful」「fun」など君たちが求めている楽しいはどの楽しいなんだ?」

このチームも口では勝ちたいといっていたものの、練習が時々遊びになってしまっていました。そんな時の話でした。

選手たちは「楽しい」にもいろいろあることを知り取り組み方がかわりました。

監督さんはその競技出身ではありませんが、スポーツではメリハリが大事と伝えていました。プレイに対しては怒ることはありませんが、選手の行動がいった言葉と伴わない時はいろいろな解説をして選手たちに気づきを与えていました。

さすが言葉を教えている方だなと学ばせていただきました。

試合では「fun」、練習では試合が「happy」になるために「enjoy」するなんて考えていくと楽しみ方かなり明確になるのではないでしょうか?

みなさんの周りの選手はどの「楽しい」を選択しているのか聞いてみてください。

「無意識」と「経験」

週末に3人のメンタルトレーニングを行いました。

その時のテーマは「無意識」でした。

・選手Aは、終盤考えながらプレイができなかった。
・選手Bは、スタッフに言われていること意識しない時があった。
・選手Cは、無意識にイライラしてしまう。

セカンドネイチャーと言う言葉あります。「第二の天性」と言う意味だそうです。
人は、何か行動をする時に選択をしています。
その選択は、多くは無意識で、いろいろな経験から無意識的に行なっていることが多いです。

そうです。

いろんな経験を積んで無意識にできるようになることが、セカンドネイチャーといいます。

多くの経験とは成功と失敗の繰り返しをすることです。
そしてこの経験があるからこそ成功する確率の高い選択をしていきます。

今回の3人は、経験をしている最中でセカンドネイチャーの構築中と言うところでしょうか。

選手Aは苦しい終盤にどうすれば、できること確認する
選手Bは練習前に何を気をつけるかを確認する
選手Cは思い込みをなくすこと

と言う答えが出ました。

いったん立ち止まって、自分の行動、そして次に同じ場面になった時どんな選択をするべきかを考えておく。
すると経験が活かされます。
そして、いつもと違う行動がで、結果が変わってくるのではないでしょうか?

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑