「優先順位」と「重要度」


選手から「今日〇〇をして監督に怒られたんですよね。」って話を聞きます。
そして、続けて「なんで怒られたんですか?ダメですか?」って言っています。
「わからないなら、監督に聞いてみたら?」と言うと
「怒られるから聞かない」と答えます。

怒られることが好きな人はいません。
監督の求めていることと違うと言うだけなんです。
そのことに対して「なんでわからないんだ!」と答えを言わなければ、
選手はまた同じことを繰り返すでしょう。

監督はしっかり伝えることが大切です。
そこでのポイントは優先順位とその重要度になります。

これらのことが明確に示されないと選手たちはどんどん不安になって
そして監督の言うことを聞かなくなっていきます。

なにかコロナウィルスの対応とよく似てないですか?
国のトップの説明不足とその行動
都道府県のトップの発言
そして、国民の行動。

不安に感じている人、そんなこと行ったってと行動する人

良い悪いではなく、
人それぞれの行動心理は、
学生スポーツの監督の行動から
考え方がついてしまっているのかもしれませんね。

このようなご時世です。

自分の優先順位と重要度を考えてみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑