「立ち止まる」と「歩み続ける」


昨日、しつもんメンタルトレーニングのインストラクター養成講座を行いました。
養成講座は、教えるという立場になりますが、私自身もいろいろ学びがあります。

今回の学びの中で「いつもこんな感じで進めてた?」「こんな言葉で言っていた?」っていうところがいくつかありました。
これは自分自身がいろんな経験を積み、変化成長をしているのだと思っています。

自分自身、「歩み続けなければいけない」と感じていた部分があります。

ネガティブな部分を想定していろんな対処方法を考えることをワークで行います。

時間は止まることなく進み続けています。だから「歩み続ける」ことが大事です。

しかし、進むために「立ち止まって」現在地を確認することも「あり」なの行動だと感じました。

そこでやってきたことを振り返りをすることで、新たな方法が見つかりまた「歩み出すこと」ができます。

「歩み続ける」ことを意識して少しコントロールをしていたのかもしれないと感じました。

養成講座をやって自分の考え方を止まって見直すことができたことがました。

いろんなことを気づかせてくれた参加者に感謝します。

養成講座開催予定!!

しつもんメンタルトレーニングのインストラクター養成講座が1日で受講できることになりました!(ビデオ学習後、受講となります。)

子どもの力なりたい!

大人は必ずそう思っていると。

時としてそれが子どもたちにプレッシャーに感じていることも

自分の状態で、子どもたちに変な質問をしてしまうことも

応援しているつもりなのになぜか怒ってしまうことも

全ては子どものためにと思っている行動です。

子どもためにやっているんだからOKです。
と言うわけには、今のご時世行きません。

ぜひ、このしつもんメンタルトレーニングを学び、子どもたちのとの関係性や応援の仕方、背中の押し方を学んでください!

あなたが学べば、子どもたちに笑顔が、そしてそれをみている周りの大人も笑顔になっていくと思います。

詳細は下のバナーをクリックしてください。

インストラクター養成講座

一緒に学びませんか?

夜メールが届きました。
「しつもんメンタルトレーニングのインストラクターに興味があります。相談にのってください」というものでした。
話を聞くと夜しつもんメンタルを受講し、すぐにメールをしてきたとのことでした。

先日講演会に行った時、終わった時に数人がわたしの元にきてくれて、
「ライセンスはどうなっているんですか?」
「もっと学びたいですけど」
と言ってもらいました。

しつもんメンタルトレーニングを受講すると、保護者の方もやる気になる
そして、行動をおこす。
これってすごいことではないでしょうか?

しつもんメンタルトレーニングは
「その人がその人らしく輝く」というキャッチフレーズに
自ら考えて行動する「自主性を育む」ということもキーワードになっています。

大人が見本をみせて変わっていくことが、
子ども、選手が変わっていくことかと思います。

そんなきっかけきになるしつもんメンタルワークブックインストラクター養成講座
ぜひ、ご参加ください。

お申し込みは下記のバナーをクリック!!

養成講座バナー

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑