「中学生」と「高校生」

先日、中学生を連れて高校へ練習をしに行きました。
OBたちも何人かいて、半年前まで中学生としてして
一緒にバレーボールをしていた選手たちが、急成長して大人見えました。

私のチームは、中学で部活を終えた選手たちが集まってくるチームに
なっています。(本当は下級生も入って欲しいんですけどね 笑)
なので、毎年チームの雰囲気が違います。

基本的にやりたい選手が、集まっているので、
私の好きな雰囲気を強要することはしません。

ただ、強いチームはどんな雰囲気か?
来年参加するであろう高校の雰囲気はどうなのか?
を選手たちに来いいて、
「君たちはどんな選手になりたいの?」
と言って考えさせます。

時には遊びのような練習になる時もありますが、
中学生には次のステップの上位チームの雰囲気に早く触れて
自分たちもやってみようとなって欲しいと思っています。

「モチベーションUP」と「モチベーションDOWN」

お盆休みを利用してサポートしている中学生チームを
高校へ連れていきました。
目的は、高校生の取り組み方を学ぶためです。

中学生は、高校生の盛り上げに素直に盛り上がってプレイしていました。

高校生のデモンストレーションを見て上級生たちは、
高校生と戦ってみたいという雰囲気が感じられたので
「高校生とやってみたいなら、高校の監督にやりたいって言ってみたら?」
と選手に言ってみたら、上級生で話をして

高校生の監督にお願いをしにいきました。
中学生は一気にモチベーションを上げて高校生戦っていました。

しかし、監督さんの配慮で、下級生が入った瞬間、
上級生はモチベーションを下げ、あまり盛り上がりませんでした。

目ではっきりとレベルの違いが分かる中での
挑戦はとても楽しく、成長してもします。
しかし、相手のレベルが下がるとこの挑戦心は削がれて、
プレイ自体も散漫になっていきます。

常に何に挑戦させていくかが大事なんだなと、改めて学ぶことができました。
下級生との対戦でもどう挑戦させるか?
いろいろ考えて常に挑戦する気持ちを忘れないようにしたいと感じました。

「進路」と「悩み」

先日高校生2年生に30名ぐらいに話をしてきました。

今年で4回目になるかと思います。
話をした後から先生が「毎年素晴らしい話を生徒にしてくれたいると聞いています。なので、今回は私から宮野さんを指名させていただきました。」と教えてくれました。

やっていることはしつもんメンタルトレーニングのワーク一部と「どんな人になりたいか?」という話です。

進路の話なると「何になりたい?」と言うしつもんがでてきます。
答えは必ず職業が出てきます。
当たり前だと思う人がいるかもしれません。

小さい時からこのようなしつもんが繰り返されるとどうなるか?

ゴールが職業になります。

その職業になるために勉強して行動をしていきます。
決して悪いことではありませんが、ゴールしたあとのこと考えていると思いますか?

ゴールしたあとに考えればいいと思う人もいるかもしれませんが、長年かけて何になりたいと言われ続けて、その答えを向かいゴールできた人がすぐに次のゴールを考えることができるでしょうか?

スポーツでは燃え尽き症候群と言われる人たちがいます。部活でやり過ぎてしまい、やり終えた後、全くスポーツをしなくなる人たちです。

進路でも同じではないでしょうか?
では、どうしたらいいか?

そこで「どんな人になりたいですか?」としつもんをすることが必要だと思っています。

人のあり方から職業を決めていくことで、成長しつづける人になると思います。就職してからも意欲的に働けるのではないでしょうか。

今後AIがさらに発達して日常にもっと身近になってくるといわれています。そうなると、現在の仕事のほとんどがなくなってくるでしょう。

そして仕事は自分で作り出すものにかわってくるでしょう。
そんな中「なにになりたいか?」と今ある職業について問うことはすでに遅れていると思っています。

それを小中高生は感覚的に知っているからYouTuberがランキングに入ってくるのではないでしょうか?

みなさんの周りの方々は仕事についてどのように考えていますか?

「受け止める」と「受け入れる」

しつもんメンタルトレーニングに
は3つのルールがあります。

・考えた答えは全て正解
・考えて「わからない」も正解
・仲間の答えを「そうだよね」と
 受け止める

その中で「受け止める」について
すこし詳しくお伝えします。

高校生に話をした時のことです。
感想をみると、「今まで私は友だ
ちのことを考えて、自分の意見を
言わずにいました。しかし、どこ
か苦しくて、友だちともギクシャ
クすることも。それは受け入れて
いたということをわかりました。
これから受け止めることを意識し
て自分の意見も伝えていこうと思
います。」

冒頭で話をしたことが印象にある
のは相当インパクトがあったのか
と思いました。

受け入れるとは
相手の言葉をそのままに、自分の
意思を押し殺して行動していくこ
とです。

受け止めるとは
相手の言葉を「そうだよね」と
承認してから自分の意見を伝える
ことです。

自分の意見をいうことが相手の機
嫌をそこねてしまうかもと思う人
って結構いますよね。
なので、「そうだよね」と承認す
ることで自分の意見も言える環境
が出来上がります。

お互いに意見を出し合うことで
選択肢も増えより良い方向へ進む
ことができます。

ぜひ、
「受け止める」ことを意識して
みてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑